2006/09/25

『ハウス・オブ・ザ・デッド』

孤島で開催されるパーティーに向かう船に乗り遅れたサイモンら5人は、近くに停泊していた船の船長に掛け合いなんとか船を出してもらうことに成功する。しかしいざ孤島にたどり着いてみるとパーティーで盛り上がっているはずの会場は静まり返り、不審に思った彼らは消えた参加者達を探しに出かけるのだが…。

同名のテレビゲームを映画化した作品。ゲーム発のゾンビ映画といえばやっぱり『バイオハザード』に勝るものはないと思うのですが、仮にそこまで期待していなかったとしても、この作品にはかなりの確立で予想を裏切られるはず。なんてったってB級を通り越したC級クラスの出来栄えですので(笑)。つか、これだけ中身が無いとある意味感動を誘うよね。よくまぁこんな作品作ったもんだ(笑)。

とりあえず何がダメってストーリーが無さすぎるところがダメダメ。島に伝わる言い伝えとゾンビを掛け合わせるっていう発想自体は悪くないんだけど、その内容があまりにもチープすぎる。種明かしを聞いてもはっきり言って「フーン」って感じだし(笑)。製作者はきっとゾンビそのものを撮りたかっただけなんだろうけど、そのゾンビもあんまり怖くないんだよね。そもそもゾンビっていうよりモンスターっぽい感じって言ったら伝わるかしら?

さらに要所要所で挿入されるゲーム画面もまたウザい。一応元がゲームなんでこういう演出を施したんだと思うんだけど、そういうのが見たかったら映画なんか見ないで普通にゲームやりますよ。あとね、凡人がいきなり強くなりすぎですってば。武器とかバンバン使うし、女子なのに素手でゾンビ殴るし蹴るし(笑)。むしろコメディっぽい演出を施してくれた方がよっぽど面白いんじゃないか?って思いましたよ。

さすがの私でもいくら頑張っても褒めるところが見つかりません。最後まで見るのがこれだけ苦痛に感じたのは久しぶりですね。このくだらなさは今年一番ではないでしょうか(笑)。
*****作品データ*****
ハウス・オブ・ザ・デッド - (2003年/アメリカ・ドイツ・カナダ)
監督:ウーヴェ・ボル
出演:ジョナサン・チェリー、タイロン・レイツォ、クリント・ハワード、オナ・グローアー、エリー・コーネル
公式サイト:http://www.nikkatsu.com/movie/HOD/
  →この作品をAMAZONで確認

同じゾンビ映画見るならこちらの作品がお勧めです。
 ◆ ゾンビ 米国劇場公開版
 ◆ ドーン・オブ・ザ・デッド
 ◆ バイオハザード
 ◆ バイオハザードII アポカリプス
posted by クマ at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/24401832