2006/09/27

赤線地帯

それぞれに事情を抱えながらも娼街の一角にあるサロン「夢の里」で働く女性達。国会では売春禁止法案が提出され、街全体が法案の行方を固唾を呑んで見守る中、女たちは今日も客引きに務めるのだが…。

溝口作品2作目です。この作品は溝口健二監督の遺作とのこと。前回観た『雨月物語』が正直イマヒトツな感じだっただけにまたダメだったらどうしようって思ってたんですが、今回は大丈夫だったみたい。意外にもすんなり楽しむことができました。赤線地帯と呼ばれる娼街で働く女性達の姿を描いた群像劇ってことでもっとじっとりとした雰囲気をかってに想像していたんですが、意外にもサバサバした内容でビックリ。逆境を乗り越え逞しく生きる女性達の姿には清々しささえ感じてしまいます。

登場する女性は4人。後にお客の店を乗っ取る店No.1の人気を誇るやすみ、病弱な夫に代わり夫と子供を女手一つで支えるハナエ、子供のために住み込みで働くゆめ子、そして新入りの浪費家ミッキー。それぞれが拠所ない事情で体を売る商売をしているわけだけど、いかがわしさが微塵も感じられないところはとても不思議。彼女達自身が非常にビジネスライクというかなんというか。お店の前で嫌がる男達の腕をとり強引に客引きする彼女達の姿はあまりにも豪快で、思わず噴出してしまいました。

そんな逞しい女性達の中で特に印象に残っているのはNo.1のやすみちゃん。No.1という地位に浮ついたりせず、お客はもとより娼婦仲間相手にまでガッチリと稼ぐところなんかはホント逞しいとしか言いようがないですね。さらに乗っ取った店の宣伝をしに「夢の里」に顔を出すあつかましさ。ついでに昔の仲間へのお愛想も忘れないっていうしたたかさははっきりいって凄いです。ここまでやられたら文句ないですわ(笑)。

さらにビックリしたのはミッキー演じる京マチ子の奔放な性格。『雨月物語』ではかなり妖艶な姫君役を演じてたので、あまりのギャップにかなり驚きました!ここだけの話、ちょっとだけ大山のぶ代に似ているなって思いましたけど(笑)。

とまぁ内容についてはかなり楽しめたのですが、少し気になったのは音楽ですね。テルミンを思い出させるような奇妙な音楽は正直いただけなかったかなぁと。それ以外は面白かったので、まぁヨシとしましょう。
*****作品データ*****
赤線地帯 - (1956年/日本)
監督:溝口健二
出演:京マチ子、若尾文子、木暮実千代、三益愛子、町田博子、川上康子、進藤英太郎、沢村貞子、浦辺粂子
  →この作品をAMAZONで確認

この作品は、12/22に発売される『溝口健二 大映作品集Vol.2 1954-1956』というDVDボックスに収録される予定とのこと。ちなみに同時収録されるのは「近松物語」「楊貴妃」「新・平家物語」。VOL.1と同様、特典もかなり豪華らしいので興味があってお金に余裕のある方は是非どうぞ!
posted by クマ at 17:08 | Comment(4) | TrackBack(3) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
京マチ子と若尾文子がサバサバして面白いキャラでしたねー。『雨月物語』よりは良かったとのこと。私はやっぱり『雨月物語』の方が好きなんですが…。こちらはゲージュツという感じはなくて、ちょっとコミカルなところが面白かったです。
<テルミンを思い出させるような奇妙な音楽
私もこれはちょっとミスマッチだと思いました。当時の流行りだったんでしょうかねー^^;)?
Posted by ぶーすか at 2006年10月01日 21:25
ぶーすかさん
すっかりお返事遅くなってスミマセン(滝汗
芸術性という点ではやはり『雨月物語』の方が上だとは思うのですが、とっつきやすさという点ではこちらの方が良かったように思います。そしてやっぱり変ですよね、音楽(笑)。
しかし、溝口監督という人はいろんなジャンルの作品を撮ってますね〜。他の作品を見るのがとても楽しみです。
Posted by クマ at 2006年10月05日 14:07
コメント&TB失礼します。
お金に余裕がないのでDVD-BOXを買えませんが、
溝口作品は網羅したいところです。
「雨月物語」も今年中に見たいと思っています。
京マチ子が本作とは全然違うようですね。
奔放なミッキー、また過ぎるほどたくましいやすみも、
見ていてすがすがしかったです。
Posted by 現象 at 2006年12月07日 20:09
現象さん こんにちは。
コメントのお礼が遅くなり申し訳ありません。
この作品での京マチ子、凄く可愛らしかったですよね。
私は『雨月物語』を先に観ていたので、そのギャップにしばし
呆然としてしまいましたが(笑)。
DVD-BOX、私も欲しいのですが、やっぱり手が出せません。
とりあえず撮りだめしてある分を大事に保管してますよ〜。
Posted by クマ at 2006年12月12日 16:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/24514484

「赤線地帯」「噂の女」
Excerpt: ●赤線地帯 ★★★★ 【NHKBS】没後50年 溝口健二特集 東京・吉原の売春宿を舞台にした5人の売春婦のドラマ。腰をフリフリ「ワテ、ビーナスや!」「ワテ、八頭身ヤ!」と呆気ら感と明るいパンパン娘..
Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版
Tracked: 2006-10-01 21:18

「赤線地帯」
Excerpt: (c) 角川ヘラルド映画 溝口健二監督の遺作となった作品。原作・芝木好子、脚本・成沢昌茂、撮影・宮川一夫、音楽・黛敏郎。助監督に増村保造が参加している。 映画のラスト。初めて吉原の店に出る生..
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2006-11-09 23:50

赤線地帯@フィルムセンター
Excerpt: 溝口健二の遺作はたくましく生きる現代女性賛歌。売春禁止法案が可決されるか否か、娼婦にとって激動の時代の中、彼女たちはそれでも体を張り続ける。そこに身を落としたには各々理由があり、しかしそれをおくびにも..
Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象
Tracked: 2006-12-07 20:03