2006/09/30

『ライブラリアン 伝説の秘宝』

勉強が好きで好きでたまらないフリンは30代になっても大学に居座り勉強ばかりしていた。そんなある日フリンはとうとう大学から追い出され、そのことがきっかけでメトロポリタン図書館の司書として働くことになるのだが…。

本日の作品は『ライブラリアン 伝説の秘宝』。海外ドラマERのジョン・カーター役でお馴染みのノア・ワイリ−主演のファンタジーアドベンチャー。メトロポリタン図書館の司書として採用された勉強好きの男性が図書館から盗まれた「ロンギヌスの槍」を取り返すっていうストーリー。少々子供染みた演出はあるものの、テンポも良くて気軽に楽しめる作品でした。ストーリーも単純明快だし、残虐シーンも一切なし。アクションシーンもそこそこあって、家族が気まずくなるようなラブシーンも一切ありません。まさに家族で見るにはうってつけって感じの作品です。あまりにも優等生すぎる内容なので、日頃濃ゆーい作品ばかり観ている私にとっては正直物足りなかったですけどね(笑)。

特筆すべきは、アドベンチャー好きにはたまらない「メトロポリタン図書館」が所持するお宝の数々。インディー・ジョーンズが見たら涙流して喜ぶんじゃないかってくらいの品揃えなので、その手の作品が好きな方にはかなりウケるんじゃないかしら?つっても日本人にはあまり馴染みのないものばかりなので「フーン」って感じの人も多いかもしれませんけど。

あと、隠されたお宝を探し出すまでの俗に言う“謎解き”部分もそこそこ楽しめるかも。つっても主人公フリンが超人的な頭の良さを発揮していとも簡単に謎解きしてしまうので、観客も一緒になって謎に挑むっていう雰囲気ではないですけどね。さらに彼らを待ち構える罠も正直ショボイものばかりなので過度な期待は禁物です。ま、ハラハラドキドキが苦手って方でも安心してご覧いただけるかとは思いますが。

個人的に「お!」と思ったのは登場する女性二人のキャラが面白かったってところ。フリンの身を守るニコールのツンデレ(つってもデレは最後にちょこっとしか出なかったけど)なキャラもなかなか面白かったんですが、なんといってもラナ役のケリー・ヒューが地味にいい味だしてた。はっきり言って色ボケキャラですね(笑)。あと、何気にカイル・マクラクランが出演していたのもツボ。しっかし歳とったなあ>カイル。
*****作品データ*****
ライブラリアン 伝説の秘宝 - THE LIBRARIAN: QUEST FOR THE SPEAR(2004年/アメリカ)
監督:ピーター・ウィンサー
出演:ノア・ワイリー、ソーニャ・ヴァルゲル、カイル・マクラクラン、ボブ・ニューハート、ケリー・ヒュー
  →この作品をAMAZONで確認


posted by クマ at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/24685917