2005/01/11

『嗤う伊右衛門』

本日の映画:嗤う伊右衛門 
京極夏彦流四谷怪談ってことで、よく知られている怪談とは一線を画した作品。公開当時とても気になっていたのですが、邦画っつーことで二の足を踏んだ作品です。監督は蜷川幸雄。伊右衛門役に唐沢寿明、お岩役は小雪。

作品としては邦画の割には意外に悪くないというのが個人的な感想。演技力の高い俳優を使ったキャスティングがかなりよかったと思います。中でも小雪はラスト・サムライ同様かなりのはまり役ではないかと。顔半分醜く崩れてはいるのですが、凛とした雰囲気に圧倒されてむしろ美しく感じてしまいます。伊右衛門のセリフに『正しい女(正しい妻だったかも…)』というのがありましたが、まさにそんな感じ。

ストーリーも純愛がテーマになっている割には惚れたはれたの(私には)退屈なシーンが無い潔い演出にかなり好感。とはいえ、原作を読んだ方々が言っている通り説明不足というか端折りすぎというか、なんだか納得いかない強引な進め方もあったりしてその辺はちょっと残念。さらに要所要所に挿入されるおねぇさんのサービスカットがかなり興ざめ。安物の時代劇っぽくてこれはいただけない。ラストシーンの演出もわざとらしく、くどくてチョット残念。せっかくの潔さが…。ウーン勿体無い。

とはいえ、邦画らしいあの湿った雰囲気と意外性のあるストーリーでそこそこ楽しめる作品ではないかと思います。邦画第一弾としては優ではないけど良くらいかな。時間があったら原作も読んでみたいと思います。
****作品データ****
嗤う伊右衛門(2003年/日本)
監督:蜷川幸雄
原作:京極夏彦
出演:唐沢寿明、小雪、香川照之、池内博之、椎名桔平、六平直政
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2491221

「嗤う伊右衛門 」
Excerpt: 京極夏彦氏の原作は未読ながら、嗚呼〜なるほど!こんな話だったのかぁ。。。とひとしきり感心。 ‘四谷怪談’のお岩役にには小雪、唐沢寿明と椎名桔平の演技対決にもちょっと嬉しかったり・・。 人をも狂..
Weblog: 雑板屋
Tracked: 2006-03-11 17:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。