2005/01/15

『ボーン・スプレマシー』

本日の映画:ボーン・スプレマシー 
試写会にめでたく当選いたしましたので、本日はボーンスプレマシーを鑑賞して参りました。一番見たかった映画の当選にかなりご機嫌な私。今年はいい年になりそうです♪
前作『ボーン・アイデンティティ』の続編のこの作品、もう説明は必要ありませんよね。
前作から2年、ボーンはマリーと一緒にインドのゴアでひっそりと暮らしています。が、そんな平和なシーンは冒頭数十分だけでその後は息つく暇もないほどアクションシーンの連続。前評判通りかなり楽しめる作品でした。もうサイコー!!
リアルなアクションシーン、どこまでも冷静沈着なボーンのキャラクター、そして不要なシーンが一切ないストーリー展開、どれをとっても文句の付け所がないです。それでも強いて言うのであれば、よくある惚れたはれたのラブシーンが一切ない分だけ逆に一息つく場所もないので、見終わった後にかなり疲れるってところくらいかなぁ。それくらいスピード感にあふれる映画でした。
これは絶対損しない作品ですよね。大きなスクリーンと最高の音響設備での鑑賞を強くお勧めします。劇場公開したら、もう一度見に行こうっと。
公式サイトはこちらからどうぞ!
posted by クマ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
どうも!試写会に行かれていたんですね。そろそろ次回作の話題が出てきてもいいころでしょうか?
Posted by 映画のせかいマスター at 2006年05月21日 19:45
映画のせかいマスターさん
IMDB情報では次回作は2007年公開っぽいですね。
「The Bourne Ultimatum」ってタイトルみたい(邦題はボーン・アルチメータムってなるのかしら?ちょっとカッコ悪いなぁ:笑)
かなりハードボイルドさが増しているので、今から楽しみです。
Posted by クマ at 2006年05月23日 15:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2491253

ボーン・スプレマシー
Excerpt: 評価:9点 レンタル 今年1本目 元CIAの諜報員:主人公のボーンが記憶を無くし、インドにいた。時を同じくして、ベルリンでCIAのおとり捜査の取引がおこなわれていた。しかし、その取引で2人が殺害され..
Weblog: 【Blue Station!】
Tracked: 2006-01-16 22:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。