2005/01/19

こりゃスゴイッ!! 『キル・ビル Vol.1』

本日の映画:キル・ビル Vol.1 ★★★☆☆ 
あまりにも話題になりすぎると逆に見る気が萎えるという天邪鬼な性格ゆえ鑑賞が遅れていたのですが、先日WOWOWにて放送していたので満を持して鑑賞と相成りました。率直な感想は『劇場で見なくて良かった(良い意味で)』です。

まぁ、監督があのクエンティン・タランティーノってことでなんとなく予想はついていたのですが、こりゃまたアホ映画を作ったものですねぇ。『ド』がつくほどアホ映画。いや、キライじゃないですよ。むしろこういう作品大好き(笑)くだらないことを一生懸命マジメにやっているところがこの作品の面白いところ。こういった作品は劇場ではなくお茶の間でダラダラしながら鑑賞するに限りますね。この監督にマジメな作品を期待する方がマチガイってことです。

ご存知のとおりユマ・サーマンが日本刀振り回してバッサバッサと人を斬りまくる復讐劇なのですが、出てくるキャラクターとそのネーミング、セリフ、舞台セット、どれをとっても監督のセンスに抱腹絶倒。んもう、くだらなすぎてくだらなすぎて最高。みどころはヤッパリ青葉屋での立ち回り。スプラッタ映画も真っ青なくらい手や足や首が飛び、血飛沫であたり一面真っ赤。血が苦手な人には直視していられないような映像ではないかと。個人的にはゴーゴー夕張(これまたスゴイ名前)の白い靴下がやけにリアルですごく気になったんですけどね。
そしてラストのルーシー・リューに苦笑しつつ、vol.2も続けて観たいと思います。
*****作品データ*****
KILL BILL: VOL. 1(2003年/アメリカ)
監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ユマ・サーマン、デヴィッド・キャラダイン、ダリル・ハンナ、ルーシー・リュー、千葉真一、栗山千明
公式サイト:http://www.killbill.jp/
Vol.2のレビューはコチラから!
posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL