2005/01/29

カクテル

本日の映画:カクテル 
トム・クルーズ主演の爽やか青春ラブストーリー。一攫千金を夢見るブライアン(トム・クルーズ)が紆余曲折を経て本当に好きな女性と一緒になるっていう単純なラブ・ストーリー。1988年と非常に古い作品だけにトム・クルーズもかなり若くて初々いです。
みどころはなんといってもブライアンとダグのバーテンダーパフォーマンス。酒瓶やシェイカーぶんぶん振り回して華麗にカクテルを造るシーンは見ていて単純に楽しいです。そういえば堺正章がかくし芸でもやってましたよね。いかん、うっかり思い出してしまった。
ただ残念なのは今改めてみて見るとパフォーマンスシーンが実はすっごく短かったってところ。あまりにも印象が強すぎたためもう少し長かったように記憶していたんですが、まさにアッ!という間に終わってしまってとても残念。つかその後のだるーい展開にちょっと嫌気。ラブ・ストーリーって苦手なのよねぇとか思ってみたり。あと、音楽がちょっと…。いや、ファッションもか。全てにおいてまさに一昔前って感じの作品。そこはかとなくバブリー。そして野暮ったい。
たまにはこんな作品で、あのころは良かったなぁと感慨深げに昔を懐かしんでみてくださいませ(笑)
posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2491362
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。