2006/10/13

『チャーリーとチョコレート工場』

両親と4人の祖父母と共に貧しいながらも幸せに暮らしていたチャーリー。そんなある日、街のチョコレート工場のオーナー・ウィリー・ウォンカが商品の中に封入した“ゴールデン・チケット”を引き当てた5人だけ謎に満ちた工場に招待すると宣言し、運良くチャーリーは“ゴールデン・チケット”を手にするのだが…。

本日の作品は『チャーリーとチョコレート工場』。ティム・バートン×ジョニー・デップの『シザーハンズ』コンビによるファンタジー作品です。ロアルド・ダール著の『チョコレート工場の秘密』を映画化した作品とのこと。ちなみに1971年にも一度映画化されているので映画化は2度目らしいです。私の周りにはかなりの数のジョニー・デップファンがいるので、公開当時はそりゃもうイヤって言うくらい話題に上っていましたね。メディア露出も激しかったですし。都合がつかず残念ながら劇場では鑑賞できませんでしたが、実は凄く気になってたんですよね、この作品。あの原色の毒々しい風景とかオカッパ頭で白塗りのジョニー・デップとか(笑)。嬉しいことに先日WOWOWで放送していたので早速チェックしてみましたよ。

個人的にツボだったのは4人の祖父母。ウォンカでもチャーリーでもウンパ・ルンパでもなく、4人のお爺ちゃんとお婆ちゃんですね。すっごく良い味だしてた!決して出番も多くないしセリフもほとんどないんだけど、4人で一緒のベッドに入ってるところとか、たまに辛辣なセリフを吐くところとか、もう堪らなく私好みでしたね(笑)。ほんと絶妙。

そしてやっぱりジョニー・デップ。オープニングのふざけた登場の仕方とか子供たちに詰められて不機嫌になるところとか、そのしぐさといい表情といい、もう最高ですね!シリアスな演技も悪くはないですが、個人的にはこういうひと癖もふた癖もあるようなヘンテコキャラを演じている彼のほうが好きだなぁ。絶対楽しんでやってるよね、彼。

最後にストーリーについて少し。多分先日観た『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』の影響もあるとは思うのですが、冒頭から皮肉混じりで毒の効いた演出が多かったこともあって、もっと回りくどくてアクドイ展開を勝手に想像してました。それだけに、意外にも“ド”が付く程の直球ストーリーだったのにはかなり驚かされました。考えて見れば児童書が原作なんだから、そんなトラウマになるような展開なわけないですよね。どう考えても深読みしすぎだよ>自分w。
*****作品データ*****
チャーリーとチョコレート工場 - CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY(2005年/アメリカ)
監督:ティム・バートン
原作:ロアルド・ダール 『チョコレート工場の秘密』
出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター
   ノア・テイラー、ミッシー・パイル、ジェームズ・フォックス、ディープ・ロイ、クリストファー・リー
公式サイト:http://charlie-chocolate.warnerbros.jp/
  →この作品をAMAZONで確認

posted by クマ at 18:04 | Comment(2) | TrackBack(3) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
あ〜、分かります!あのベッドの老人達、いいですよねぇ♪
あの家自体が既に、ファンタジーですよね。

それにしても、ジョニデはこの手の役を演じると本当に上手いですね…。
海賊といい、鋏男といい、私もキャラモノを演じている彼の方が好みです。
Posted by Nyaggy at 2006年10月13日 21:45
Nyaggyさん こんにちは♪
>あの家自体が既に、ファンタジーですよね。
そうそう、そうなんですよ。みんないい人ばかりで観ててすごく和みました〜。
私の中では今でもジョニデは鋏男のイメージなんですよね。
『パイレーツ〜』の続編観てないんで、そちらのキャラぶりも気になってます。早く観たいなぁ〜。
Posted by クマ at 2006年10月15日 13:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/25401484

チャーリーとチョコレート工場
Excerpt: チャーリーとチョコレート工場 Charlie and the Chocolate Factory 監督 ティム・バートン 出演 ジョニー・デップ フレディ・ハイモア アメリカ 2005
Weblog: Blossom Blog
Tracked: 2006-10-14 10:38

チャーリーとチョコレート工場
Excerpt: 監督  ティム・バートン出演  ジョニー・デップ/フレディー・ハイモア評価  ★★★★☆世界一のチョコ・ブランド《ウォンカ》の工場主ウィリー・ウォンカから金のチケットで招待された子供達の不思議な体験を..
Weblog: シネマなBlog
Tracked: 2006-10-14 20:17

チャーリーとチョコレート工場 #661
Excerpt: 2005年 アメリカ 115分 原作者ロアルド・ダールの短編集を読んだことがあるのだが、なかなかシニカルで面白い。この映画がどこまで原作に忠実なのか原作を読んでいないのでわからないが、結構良い線行っ..
Weblog: 映画のせかい2
Tracked: 2006-10-18 08:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。