2005/03/28

アクションとコメディのコラボレーション? 『バッドボーイズ』

本日の映画:バッドボーイズ ★★☆☆☆
マイアミ警察署内から盗まれた1億円相当のヘロインを72時間以内に取り戻すように命じられたマーカスとマイク。事件を追う2人の前に現れた殺人事件の目撃者ジュリー。彼女の証言を元に犯人達に迫っていくというストーリー。奥さんの尻にしかれっぱなしの刑事マーカス役にはマーティン・ローレンス、女性ウケのイイ金持ち刑事マイク役にはウィル・スミス。殺人事件の目撃者ジュリー役にはティア・レオーニ。ティア・レオーニはこの作品でブレイク、その後ディープ・インパクトでジェニー役として主演しています。この女優さんの口元が凄く気になるのですが、私だけかしら?
ストーリーは単純明快。ひねりも騙しもないので安心して観ていられるアクション映画です。作品序盤からマーティン・ローレンスとウィル・スミスの掛け合い漫才のようなシーンがあったりとコメディっぽい雰囲気もまぁまぁかな。みどころはなんといってもラストのアクションシーンですね。倉庫での派手な銃撃戦。なかなか見ごたえありです。が、それ以外のところはというと、やや物足りなさの残る作品というのが正直なところ。序盤から中盤にかけてやや無理のある強引な展開が続いたり、説明調なシーンが多かったりとイマイチストーリーにのめり込めないままにどんどん話が進んでしまって、あれよあれよと言う間に犯人を追い詰めドンパチ銃撃シーンに突入!って感じです。待って待って、置いてかないで〜ッ。
マーティン・ローレンスとウィル・スミスの掛け合いも、序盤はともかくとしていつも同じパターンになってしまっていてもったいない。作品がシリーズ化されてくれば、“お決まり”としていい味が出るかもしれませんけどね。
ということでこのあたりは続編の『バッドボーイズ2バッド』を観て検証してみることにします。
posted by クマ at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2652916
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。