2005/03/29

続:アクションとコメディのコラボレーション 『バッドボーイズ2バッド』

本日の映画:バッドボーイズ2バッド ★★☆☆☆
昨日の『バッドボーイズ』に引き続き、本日は続編の『バッドボーイズ2バッド』を鑑賞。つか2バッドってなんか懐かしい響きだなぁ。4U(フォーユー)みたいな。
日々増えつつある麻薬密輸の取締り強化のためマイアミ市警麻薬捜査課のマイクとマーカスが特捜チームとして任命される。巨大麻薬組織を相手に捜査を進めていた2人はある取引に関する情報を入手。張り込みを行っていた2人の前にDEA(連邦麻薬捜査局)に所属するマーカスの妹シドが現れる。実は彼女もまたマイクとマーカスが追う巨大麻薬組織相手に潜入捜査を行っていたというストーリー。前回に引き続き色男マイク役にはウィル・スミス、おとぼけマーカス役にはマーティン・ローレンス。マーカスの妹シド役にはガブリエル・ユニオン。
前作から8年ぶりに作成された続編とのことですが、なるほどカーチェイスも銃撃シーンも前作に比べかなりパワーアップしていまして、アクションシーンはかなり見ごたえアリです。前作のレビューを書いている時には気がつかなかったのですがあのジェリー・ブラッカイマーが製作にかかわっていたのですね。ジェリー・ブラッカイマーといえば作る作品がことごとくヒットするっていう超有名プロデューサーってことで、なんか納得。エンターテイメント性は抜群ですね。今回も余計なひねりや騙しは一切なく、直球勝負のアクション映画ですのでとても安心してみていられます。みどころはなんといっても市街地で繰り広げられるカーチェイス&銃撃戦。ラストの救出劇もまぁまぁでしたが、やっぱり市街地のほうが迫力ありますよね。車だけじゃなく、いろんなものがぶっ飛んでます。あ、そういえば、作品中盤マーカスも薬でぶっ飛んでましたね。あのシーンはかなりウケました。
ただ、ちょっと残念だったのが146分とかなり長めの作品だったってところ。こういうドンパチものってあんまり長い間見続けると慣れてきちゃうんですよね。案の定ラストの崖下りシーンではあまりにも長いカーチェイスにちょっと上の空になってしまいました。いや、迫力は凄いんですけどね。集中力が持たないというかなんというか…。もう少しアクションシーンを圧縮してコンパクトにした方がいろんな意味でバランスよいかなというのが正直なところです。
バッドボーイズ ツインパックなんてのもあるみたいですので、是非2作合わせてお楽しみください。ウ〜サァ〜!
posted by クマ at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2672706