2006/11/07

『Mr.インクレディブル』

スーパーパワーを使って社会に貢献していたMr.インクレディブル。同じくスーパーパワーを持つエラスティガールと結婚し順風満帆な人生を送っていたが、その後スーパー・ヒーローに対する社会の風当たりが激化。結果彼らは正体を隠しながら生活することを強いられるのだが…。

本日の作品は『Mr.インクレディブル』。『モンスターズ・インク』『ファイディング・ニモ』でお馴染みのピクサー作のCGアニメってことでいつになく安心しきった状態での鑑賞です。ピクサーに限って“ソコソコ”ということはあっても“大ハズレ”ってことはまず無いんでね(笑)。登場するキャラクターはモチロン、テンポも音楽も良いのでガハハと笑っているうちにあっという間に見終わってしまったという感じ。この内容なら大人でも十分楽しめますよ!

みどころはなんといっても個性の強いインクレディブル一家の面々でしょう。中でも私のイチオシはダッシュ。口が達者で小生意気でムカつくところもかなり多いのですが、後半父親を助けに島に向かうあたりから俄然良くなってきます。普段使うことの出来ないできないスーパー・パワーをここぞと発揮するダッシュの姿は子供らしさ全開って感じで大いに笑わせられましたね。あとエラスティガールの百変化もかなり面白かった(笑)。

ちなみにこの作品で「これは!」と思ったのは黒幕の正体。Mr.インクレデイブルに秘密任務が舞い込んで来るあたりから「これはもしや罠では?」と疑ってはいたものの、まさか黒幕がヤツだったとは思いもよりませんでしたよ!ほんとピクサーって上手いよなー。まんまと騙されたわ(笑)。

今回も私はお約束どおり字幕版ではなく吹替え版を鑑賞したのですが、鑑賞後に吹替え版のメンバーを見て驚きましたよ。だってシンドロームが宮迫博之って(笑)。鑑賞中は全く気付かなかっただけにかるく衝撃を感じました。ついでにエラスティガールが黒木瞳っていうのも驚いたけどね。あ、あと個人的にはサミュエル・L・ジャクソンのフロゾンっていうのが気になったかな。機会があったら字幕版も観てみようっと。
*****作品データ*****
Mr.インクレディブル - THE INCREDIBLES(2004年/アメリカ)
監督:ブラッド・バード
声の出演:クレイグ・T・ネルソン、ホリー・ハンター、サラ・ヴォーウェル、スペンサー・フォックス
     エリザベス・ペーニャ、ブラッド・バード、サミュエル・L・ジャクソン、ジェイソン・リー
声の出演(日本語吹替版):三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、海鋒拓也、渡辺美佐、後藤哲夫、斉藤志郎、宮迫博之
  →この作品をAMAZONで確認

posted by クマ at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(2) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26948056

「Mr.インクレディブル」
Excerpt: 11月05日「Mr.インクレディブル」WOWOW 5.1ch Surround 本作に限らず、どうも前からピクサーの作品とは相性が悪い。正直なトコロ、どこで面白がればいいのやらさっぱり???。こ..
Weblog: 酒井俊之のシネマラ攻略大図鑑
Tracked: 2006-11-07 19:32

Mr.インクレディブル
Excerpt: Mr.インクレディブル THE INCREDIBLES 監督 ブラッド・バード アメリカ 2004
Weblog: Blossom Blog
Tracked: 2006-11-09 10:28