2006/11/12

『ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ』

裕福な旅行者の女性を狙い詐欺を働くダンディーな中年男性ローレンス。ある日彼の前にフレディという男が現れ陳腐な詐欺行為を働く現場を目撃するのだが…。

本日の作品は『ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ』。なんてふざけたタイトルだ(笑)!と思いつつ、ジャケ写の並々ならないB級オーラに魅了され手にした作品。どんだけB級なのかしらとかなり期待しつついざ鑑賞してみたところ、これが意外にも完成度の高いコメディ作品で思わずビックリ。結構ベタな展開が続くんだけど最後まで全く飽きることなく鑑賞できましたよ。きっと脚本がいいってこういうことなんだろうなぁ。1988年と少し古い作品ですが、かなりお勧めです!

みどころはなんといっても作品後半のベテラン詐欺師と若手詐欺師の縄張り争い。先に5万ドル巻き上げた方が勝ち、負けた方はリビエラを去るというルールの元に二人は一人の旅行中の裕福な女性に接近するのですが、その接近の仕方が実に巧妙で面白い。こういうコメディ映画ではご都合主義的な展開に興ざめさせられたりすることも多々あるのですが、この作品に限ってはそんな強引な展開は一切なく話の流れがとてもスムーズ。ローレンスの教えのように上品かつスマートであります(笑)。

さらに作品終盤には驚きの展開が待ち構えておりますが、こちらは見てからのお楽しみってことで。しかもこの作品、終わり方がまた上手いんですよね。まぁほとんどの方(私も含め)は上の“驚きの展開”までは想定内だと思うのですが、このラストについては誰しもが予想外だったのではないかと思いますよ。思わず画面に向かって唸ってしまいました(笑)。

さらにさらに秀逸なのがそのキャスティング。ベテラン詐欺師役にはマイケル・ケイン、そして彼に弟子入りする若手詐欺師にスティーヴ・マーティン。この組み合わせの実に面白いこと!実は私スティーヴ・マーティン主演のコメディ作品はあまり得意ではないのですが、この作品に関しては彼の演技はサイコーでした(別に他の作品がダメってわけではないんですけどねw)。あと騙される女性役のグレン・ヘドリーも凄く良かったです。

ちなみにこの作品、1964年に製作されたマーロン・ブランド主演の『寝室ものがたり』のリメイク作品とのこと。ゴッドファーザーがコミカルな詐欺師を演じてたと知ってかなり興味をそそられたのですが、残念ながらAMAZONでは発見できず無念。ご覧になったことのある方いらっしゃいましたら是非感想をお聞かせ下さいませ〜。
*****作品データ*****
ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ - DIRTY ROTTEN SCOUNDRELS(1988年/アメリカ)
監督:フランク・オズ
出演:スティーヴ・マーティン、マイケル・ケイン、グレン・ヘドリー、アントン・ロジャース、バーバラ・ハリス
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 09:58 | Comment(2) | TrackBack(1) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
こんにちは☆

観たくなりますね〜コメディー好きですわ☆
ふふふ〜♪クマさん、スウティーブ・マーティン苦手ですか◇私、好きなんです☆

マイケル・ケインがコメディーに出るんですねぇ…知らなかったです(ちと、以外)
殺しのドレスのイメージがあるので。。(古くて、ごめんちゃいTT)
Posted by プチローズ at 2006年11月13日 14:14
プチローズさん こんにちは。
この作品、かーなーりーお勧めです☆
とにかく主演二人の掛け合いが面白いので是非ご覧になってみてくださいね。

スティーブ・マーティンは……正直ちょっと苦手です(笑)。
かなり昔彼主演のコッテコテのコメディ映画ばっかりヘビーローテーションで
放送されていた時期があって、その時に観すぎたのが原因ではないかと
思ってるんですけどね。
でも、この作品の彼はサイコーでしたよ!
Posted by クマ at 2006年11月14日 16:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ
Excerpt: 冬のリヴィエラと言えば、小学生の頃流行った森進一のヒット曲。この曲を聞いた者がだまされてヒットしたのかどうかはさておき、この、ペテン師とサギ師 だまされてリビエラは、騙されれば騙されるほどおもしろい!..
Weblog: しーの映画たわごと
Tracked: 2006-11-21 09:17