2006/11/21

エレクトラ

デアデビルとブルズアイの戦いで命を失ったエレクトラは盲目の武術師スティックの力を借りてこの世に蘇る。その後厳しい修行を受けたエレクトラは非情な暗殺者として名を上げるのだが…。

本日の作品は『エイリアス』でお馴染みのジェニファー・ガーナー主演『エレクトラ』。スピンオフ元の『デアデビル』がかなり印象薄めな作品だっただけに「もしかしてこちらの作品も…」と多少不安はありましたが、フツーに面白いアクション映画で正直ホッといたしました。なにより主演のジェニファー・ガーナーのアクションシーンもなかなかサマになってましたし、アメコミ好きにはかなりウケが良かったんじゃないかなって思いますよ。

みどころはなんといってもジェニファー・ガーナー演じるエレクトラのアクションシーンでしょうね。半開きになった口元が少々気にはなりますが、それでもセクシーなコスチュームをまとった引き締まった体から繰り出される技の数々はかなり見応えアリです。変な形をした武器(時代劇にでてくる十手の変形みたい)を華麗に操る姿はとてもカッコイイですね。

ただし宿敵といわれるザ・ハンド(なんつー名前だ!)があっけなくやられてしまうところはちょっと物足りなかったかなぁと。相当手ごわい敵という触れ込みだっただけにちょっと納得いかなかったかも。敵役の一人としてボブ・サップが出演しているところも話題になってたような気がしてたんですが、彼も文字通りあっという間に殺されてしまいましたし(笑)。

もう一つ気になったのはアビーの父親役がERのルカ・コバッチュ役でお馴染みのゴラン・ヴィシュニックだったってところ。別に彼に限ったことではないのですが、ERみたいにアクの強い役を続けて演じているとその役のイメージがつきすぎて他の役にイマイチに馴染まないというかなんというか。知名度という点では良いのですが、俳優としては結構イタいよなぁ。彼の場合はクロアチア(もしくはその近隣諸国)と家族の不幸がワンセットって感じ。

ちなみにジェニファー・ガーナーは『デアデビル』での共演がきっかけでベン・アフレックと結婚、女のお子さんが誕生したとのこと。しかしこの夫婦、顔といい雰囲気といい似た者夫婦って感じですよねー。
*****作品データ*****
エレクトラ - (2005年/アメリカ)
監督:ロブ・ボウマン
出演:ジェニファー・ガーナー、ゴラン・ヴィシュニック、ウィル・ユン・リー、ケイリー=ヒロユキ・タガワ
   テレンス・スタンプ、カーステン・プラウト、ナターシャ・マルテ、クリス・アッカーマン、ボブ・サップ
公式サイト:http://www.foxjapan.com/movies/elektra/
  →この作品をAMAZONで確認

posted by クマ at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27965628