2004/10/31

まさに何でもあり! 『シカゴ』

本日の映画:シカゴ
1920年代のシカゴ。ダンサーを夢見るロキシー・ハートは浮気相手に騙されていた事実を知り、夫の銃で愛人を射殺、刑務所へと入れられる。そこにはロキシーが憧れていたダンサー、ヴェルマを始め、5人の女性が殺人の罪で服役していた。ロキシーは無罪を勝ち取るために有名な悪徳弁護士ビリーに弁護を依頼する。主演はレニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギア。

メチャイイ!サイコー!!
キャストもストーリーも映像も音楽もダンスも、全部OK!文句ナシです。2003年アカデミー賞最優秀作品賞他主要6部門を制覇、納得の作品でした。めずらしくDVD欲しい!って思いましたね。

なかでもキャサリン・ゼタ=ジョーンズはすばらしかったです。彼女、もともとはブロードウェイ出身とのことですので、歌もダンスも超一流ってわけです。なんていうのかな?オーラがスゴイっていうのかしら。貫禄を見せ付けられたって感じですね。正直その圧倒的な存在感に参りました。

主演のレニー・ゼルウィガーのほうも、かなりがんばってます。彼女ぽっちゃりしたブスかわいい(失礼!)役どころが多かったと思うのですが、この作品ではキュートかつ色っぽい女性という役どころ。ぼてっとした肉感的な唇が印象的に使われてると思ったのは私だけかな?ちょっと頭悪そうなんだけど野心むき出しっていう絶妙な役どころをうまく演じてたなぁって思います。あ、モチロンリチャード・ギアも良かったです。

ただひとつ残念なのは、劇場で見れなかったこと。スクリーンで見たら、さぞかし面白かっただろうなぁと思うととても残念です。いつか機会があればブロードウェイに行って本場のミュージカル、シカゴも是非見てみたいと思います。そんな機会があるかはいまのところ不明ですけどね(笑)。

*****作品データ*****
CHICAGO(2002年/アメリカ)
監督:ロブ・マーシャル
製作:マーティ・リチャーズ
原作:ボブ・フォッシー、フレッド・エッブ
出演:レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギア、クイーン・ラティファ、ジョン・C・ライリー
posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | ★★★★★



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2865599

シカゴ
Excerpt: シカゴ 監督:ロブ・マーシャル 出演:レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギア、クイーン・ラティファ、ジョン・C・ライリー、テイ・ディグス... ...
Weblog: ひめの映画おぼえがき
Tracked: 2007-10-19 01:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。