2004/11/01

まさに狂気! 『ルームメイト』

本日の映画:ルームメイト
恋人と別れ傷心のアリーは、気分を一新するためにルームメイトを募集する。そこに現われたおとなしそうな女性ヘディとアリーは意気投合し同居生活を開始する。初めこそ上手くいっていた2人だったが、しばらくするとヘディがどんどん自分にそっくりになっていき、しまいには乗っ取られそうになるっていうお話。主演はブリジット・フォンダ , ジェニファー・ジェイソン・リー。

1992年とちょっと古い映画なのですが、すごくすごく面白かったです。ブリジッド・フォンダのびびりっぷりとジェニファー・ジェイソン・リーの壊れっぷりがたまらなく面白い。実際のジェニファーはとってもキレイなのにこの映画ではえらく地味でブサイクに見えることと、ラストはホントに2人が瓜二つになってしまったように見えてしまうところはこの作品の凄いところだと思います。

実は私自身、知り合いに軽い虚言癖を持つ女性がいたこともあり、この映画の主人公が平然と嘘(実は彼女は嘘だと思ってない)を言ってのけるシーンなどは背筋に冷たいものを感じたりもします。ああコワイ。
ジェニファー演じるヘディの少しずつ壊れていく精神状態と徐々に追いつめられていくブリジッド・フォンダ演じるアリー、2人の演技を是非ご堪能下さいませ。
*****作品データ*****
single white famale (1992年/アメリカ)
監督:バーベット・シュローダー
製作:バーベット・シュローダー
脚本:ドン・ルース
原作:ジョン・ラッツ
音楽:ハワード・ショア
出演:ブリジット・フォンダ , ジェニファー・ジェイソン・リー , スティーヴン・ウェバー , ピーター・フリードマン
posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★★



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL