2004/12/25

ダイアン・レイン夫婦競演 『美しき獲物』

美しき獲物本日の映画:美しき獲物 
1992年の作品。007シリーズに似たタイトルの作品がありますが、その作品とはまったく関連なし。
チェスの世界大会中、天才チェスプレイヤーのピーターと一夜を共にした女性が殺害される。猟奇的な殺され方で、死体の傍には血で書かれたメッセージ。警察はピーターを容疑者と考え、精神分析をキャシーに依頼する。そんな中ピーターに犯人とおぼしき人物から電話があり、ゲームを挑まれるというストーリー。
この作品、冒頭の少年時代の出来事がすべての答えなのですが、その少年が本編中のどの人物にあたるのかがわからないというところがミソ。こういった作品ではありがちなのですが、やっぱりみんな怪しく見えるようになってます。犯人からのヒントをもとに謎解きしていくくだりなどは見ていてなかなか面白かったのですが、全体的にB級映画っぽい雰囲気がぬぐえなかったのは残念としかいいようがないですね。殺人シーンでのあのストロボは個人的にはかなりNGな感じ。キャスティングはピーター役にクリストファー・ランバート、キャシー役にダイアン・レインと夫婦そろっての出演(今は別れてしまいましたが)。ダイアン・レインはともかくとして、どうにも出演者が地味なのも残念。キャスティングが違ったら、もうちょっと良くなりそうな映画です。ストーリーは悪くないですから。
あと、この映画も邦題かっこ悪すぎます。なんかストーリーと微妙にずれてるし。ちなみに原題は『Knight Moves』とチェスっぽいタイトルになってます。
posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2865996