2004/12/27

む、難しい… 『GHOST IN THE SHELL〜攻殻機動隊〜』

本日の映画:GHOST IN THE SHELL〜攻殻機動隊〜 
見ていないといったら友達にダメ出しされた作品。男性にはこの作品のファンの方、多いみたいですね。
攻殻機動隊というと、ウォシャウスキー兄弟が多大なる影響を受けたことで有名ですが、お恥ずかしながら私の知識もその程度。アニメと思って少々気を抜いていたのですが、冒頭からかなり頭の使う内容で結構びっくりしました。世界観を理解するのがまず大変でしたね。どちらかというとストーリーを楽しむというよりも話の内容を理解するのに精一杯でした。やっぱり予習しとけばよかったと少々後悔。というわけで、今回は正しく伝えられそうもないのでストーリー概要は割愛させていただきます。スミマセン。
描かれている世界は目だった矛盾点もなくかつ飛躍しすぎている感もなく、すごく納得感のある世界でした。こういった近未来を扱った作品では珍しいのではないかと。そんなこともあって個人的にはかなり評価高いです。とはいえ、ストーリーはやっぱり『難しすぎ!』ですね。ま、漫画に比べ限りある時間の中であれだけ描けてるだけでもスゴイっていうのはわかるのですが、それでもやっぱり難しいと思います。必要最低限の説明しかないし、それも会話の中にチラチラとあるだけなので、セリフを聞き逃すとそれだけで『???』になってしまいます。そういうわけで他の映画よりも一生懸命見ていたせいか非常に疲れました。ストーリー以外では、映像・音楽もなかなか。退廃的な町並みとあの音楽がマッチしていてすごく良かった。独特の雰囲気ですね。
アニメはちょっと、という方でもこの作品は結構楽しめる作品ではないかと思います。機会があったら是非どうぞ。私は原作読んでからもう一度トライしてみるつもりです。

posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2866027
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。