2004/12/29

ヴィン・ディーゼルには髭は似合わないかも 『ブルドッグ』

本日の映画:ブルドッグ 
トリプルXのヴィン・ディーゼル主演の作品。犯罪アクション系とでもいいましょうか。どうもB級っぽいイメージがぬぐえない作品でしたが。
ヴィン・ディーゼル演じる麻薬捜査官ショーンがメキシコ最大の麻薬組織のボス、ルセロを逮捕する。しかしその後『ディアブロ』と名乗る謎の人物が出現。ディアブロの名前で数々の殺人・事件が起こり、ショーンの妻もディアブロに殺害される。ショーンは妻を殺したディアブロに復讐を始めるというストーリー。ヴィン・ディーゼル演じるショーンは復讐のためなら手段を選ばないというキャラクター設定なのだと思うのですがイマイチ極悪さに欠けます。先日見たトレーニング・デイでのデンゼル・ワシントンと比べるとその迫力不足は一目瞭然。ヴィン・ディーゼルにはトリプルXのようなちょっとアホっぽい役のほうが似合うというのが私の持論です。こういったこともあり、キャスティングが違っていたらもう少し面白かったのかなと。ストーリーはよくある復讐劇なのですが、作品終盤で明らかになるルセロの正体は意外性があってなかなか面白かったと思います。悪者はどこまでも悪者ってことで変に中途半端に終わらなかったのが吉と出たみたい。とはいっても、ヴィン・ディーゼルがあまりにも目立ちすぎててクドイことにはかわりありませんが。ま、トリプルXはじめ、彼が出ている作品はどれもこれもそんな感じですけどね。ヴィン・ディーゼルファンにはたまらない作品かもしれませんが、それ以外の方にはちょっと物足りない作品かも。
公式サイトありました。興味のある方はコチラからどうぞ。ヴィン・ディーゼルの髭面ってあんまり似合ってないような気がするのは私だけでしょうか…。
posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL