2012/09/13

『ロイヤル・ペインズ〜 救命医ハンク〜シーズン2』

ロイヤル・ペインズ~ 救命医ハンク~シーズン2」 ★★★★★
ROYAL PAINS (2010〜2011年/アメリカ)
監督:アンドリュー・レンチェスキー
出演:マーク・フォイアスタイン、パウロ・コスタンゾ、ジル・フリント、
   レシュマ・シェティ、キャンベル・スコット
公式サイト:http://www.royalpains.jp/

富裕層相手に医療行為全般を請け負うコンシェルジュドクターの活躍を描いた「救命医ハンク」の第2シーズン。昨シーズン、うっかり1話見てしまったがためにすっかりハマってしまいまして、新シーズンの始まりをまだかまだかと心待ちにしておりました。主人公の職業がコンシュルジュドクターということで、通常の医療ドラマとは異なり、治療を行う場所が病院やクリニックといった医療設備の整った場所に特定されないところがドラマの特徴のひとつであり、みどころの一つ。患者のもとに出向き(平たく言えば往診専門医ってことになるのかな?たまに事務所兼自宅で診察することもあるけども)、患者の状況、そしてニーズ(ここ重要!)に合わせ臨機応変に治療を行うのですが、その内容が実に斬新でいつも驚かされます。

昨シーズンラスト、エヴァンの失踪とともに明るみに出たハンク・メドの財政危機問題。実の父親が関与しているとの伏線もあり、このあたり今シーズンどう展開していくのかが非常に気になるところ。ちなみにWOWOWではすでに第3シーズンまでの放送が終了、つづく第4シーズンも既に放送が決定しているとのこと。全18話と他のドラマに比べコンパクトな作りとなっていますので、イッキ見にももってこいです。

いつものことではありますが、この先激しくネタバレとなります。未見の方やネタバレ勘弁の方は、本編をご覧になってからどうぞ。
他シーズンの感想はこちら↓から
 『ロイヤル・ペインズ 〜救命医ハンク〜 シーズン1』

※この先ネタバレ 閲覧注意!※

昨シーズンラストに勃発したハンク・メドの財政危機。思ったよりも大事に至らずに済むのですが、問題の元凶でもある父とハンクとの確執は今シーズン通しての重要なエピソードとなります。弟エヴァンとは早々に和解に至るのですが、父親に捨てられたという深いトラウマと、そしてその後誰にも頼らずに生活してきたという自負もあり、ハンクは父をかたくなに拒絶し続けます。そんな二人の仲を取り持つのがエヴァン。お調子者で頼りがいにやや欠ける彼ですが、今回ばかりは彼のストレートなアツさが功を奏し関係修復のきっかけを作っていますので、そのあたりじっくり見て頂きたいです。

エヴァンといえばもう一つ。彼氏役の代行を引き受けたことをきっかけに、依頼者ペイジとお付き合いをすることに。超高級リゾート地ハンプトンズで知り合っただけあって、彼女ももちろん超セレブ。初めこそいろんな意味でかみ合ってないんじゃない?的な部分も多かったのですが、ペイジの天真爛漫さとエヴァンの猪突猛進さが相まって、意外に上手く行っちゃってるところが面白い。そんな二人の前に立ちはだかるのがペイジの父。おののくエヴァン。必死に取り入ろうとすればするほど空回り。特に猟でのエピソードなんか、あまりにも不憫すぎ。健気なエヴァンの株は今シーズン上がる一方です。

さらにボリス関係でも新たな展開が。不穏な雰囲気を醸し出していたボリスの持病ですが、治療のその先に何とロマンスが!というのもキューバで治療を担当した医師マリサとボリスは実はそういう仲で、作品中盤、紆余曲折の末、マリサはキューバから亡命しボリス邸へ。さらに、その後マリサの妊娠が発覚。しかしボリスの持病が男性にだけ遺伝する事を知っていたマリサは、ボリスに心配をかけまいと彼には事実を伏せ、結局二人は対立。さらにこの問題が飛び火し、ボリスのハンクに対する信頼が失墜。ついにはボリス邸を追い出されることに。もともとハンプトンズに来た当初からボリスの厚意で回っていた部分が多かっただけに、彼の後ろ盾を失ったハンクとハンク・メドがこの後どのような展開となるのかは非常に気になるところ。

ついでに昨シーズンからくすぶっていたディヴィアの婚約問題にも決着が。迷いに迷いながらもようやく結婚式までこぎつけるのですが、幾度となく不吉な出来事に見舞われ、これはきっと神のおぼしめしに違いないってことで結局結婚は取りやめに。あっけなく独り身となったディヴィアですが、この決断のおかげで窮地に立たされることに。まぁこのあたりは続く第3シーズンでのエピソードにも絡んでくるのでさくっと割愛。結果はさておき、乗り気じゃない結婚なんてするもんじゃないよ、と当初から思っていた私としては、この当然の結果に大満足(ディヴィアのいないハンク・メドなんて!と思う人は私だけではないはずだ)。

とまぁ人間関係ではいろいろありましたが、ハンク・メド自体はとても順調。増え続ける顧客にも対応すべく、ハンクの留守を機にもう一人医師を雇い入れるのですが、なぜかこの女性とハンクがそういう関係に陥ってしまいまして、内輪恋愛をあまり好まない私としては、なんだかなぁ〜といったところ(しかもこの女性、その後ハンク・メドの商売敵に。ハンクは全く意に介していないようでしたけどね)。さらに、ジルとの関係も終わったとはいえなんだか中途半端で、まだまだ再燃の可能性は捨てきれず(いまだ未練もありそうで)、このあたりの色恋沙汰の行く末も気になります。

そして、来シーズン最大の関心事といえば、なんといってもボリス邸を追い出されたハンク達の行方。なんとなく手を差し伸べてくれそうな人たちの名前はすぐに浮かんでくるのですが、それでも定住所がないとなるとハンク・メドの信用は落ちるだろうし、そもそもボリスの機嫌を損ねたなんてことが広くハンプトンズ中に広まったら、それこそ命とりかと。一刻も早い和解を期待したいところです。

◆エピソード一覧
 第 1話 パニックルームの遺産
 第 2話 恋の病
 第 3話 アクションスターの休日
 第 4話 キューバへの招待
 第 5話 カリブ海の対決
 第 6話 ワイナリーの真実
 第 7話 甘い生活
 第 8話 パーティーは危険な匂い
 第 9話 愛すべき敵
 第10話 宝クジの呪い
 第11話 波乱の足音
 第12話 ゴシップマニアの女主人
 第13話 チャリティーゴルフの出来事
 第14話 セレブの街のリアリティ・ショー
 第15話 将軍と騒がしい隣人
 第16話 嵐の夜に
 第17話 パイロットの不安
 第18話 運命の饗宴

ブログランキング参加中デス。映画選びの参考になりましたらClickお願いします♪→
posted by クマ at 04:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | ★★★★★



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/292281577

ハンク、再び!
Excerpt: ドラマ「ロイヤルペインズ 救命医ハンク」シーズン2を見ました。 テレ東にて 月〜木曜の昼にやってました シーズン1から続いての鑑賞 まぁ 良くも悪くも変化はなく コンシェルジュドクターとしての..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2012-09-20 20:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。