2006/12/12

マンハッタン

TVライターとして生計を立てる中年男性アイザック。二度の結婚に失敗した彼は17歳のトレイシーと付き合っていたが、友人の浮気相手メアリーに恋をしてしまい…。

本日の作品はウディ・アレン監督・主演作『マンハッタン』。この作品、結構好きかも♪モノクロのマンハッタンの景色といい、バックに流れる『ラプソディ・イン・ブルー』といいオープニングからしてなかなか雰囲気のある作品です。特にこの作品のタイトルでもある「MANHATTAN」という文字が瞬くシーンがいいですね。粋だわ〜。ウディ・アレン作品をウディ・アレン作品としてちゃんと意識してみたのは実は初めてなんですが、彼の作品とは結構相性いいかも。あの鼻持ちならないインテリ臭さが結構クセになります(笑)。

ウディ・アレン扮する中年男性を取り巻く恋愛模様はともかくとして、この作品、要所要所に挿入される何気ないNYの街の風景がなんとも美しくて非常に印象的です。新しいものと古いものが渾然一体となって他のどの街とも違った独特な雰囲気を醸し出している様子が上手く切り取られているといった感じ。ウディ・アレンのNYへの思い入れみたいなものも感じますね。映像だけでもかなり楽しめます。

さらに面白いのは、登場人物たちの会話の内容。小説や絵画、音楽に映画などなど、ありとあらゆる題材を引っ張り出して繰り広げられるインテリ臭の強い会話はハタで効いているとなんとも可笑しいですよね。いや、本人たちは至って真面目なわけだけど。特に美術館での薀蓄は面白かったかな。アイザックとメアリーの意見がことごとく合わなくて(笑)。

最終的には分別のある大人の対応をし続けてきたアイザックが最後に少々カッコ悪い醜態を晒してしまうわけだけど、そこがまた良いですね。いつもは薀蓄たれてても、結局は普通の人間と変わらないって言うか。で、そんなダメなアイザックに優しく声をかけるトレイシーのセリフがまた良かった。正直このラストにはやられたわー。こんな素敵な作品見るとNYに行ってみたくなりますね〜。
*****作品データ*****
マンハッタン - MANHATTAN(1979年/アメリカ)
監督:ウディ・アレン
出演:ウディ・アレン、ダイアン・キートン、マリエル・ヘミングウェイ、メリル・ストリープ
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 16:40 | Comment(2) | TrackBack(2) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントありがとうございました。
インテリ蘊蓄合戦、最近はあまりみないですね。残存するヤンキーくらいの天然記念物かもしれません。
Posted by juraky at 2006年12月14日 00:29
jurakyさん こんにちは。
>インテリ蘊蓄合戦、最近はあまりみないですね
たしかに(笑)。
むしろだからこそこの作品に新鮮さを感じたのかもしれませんけど。

実は薀蓄垂れてるウディ・アレンって私それほど嫌いじゃないんですよね。
というわけで、他の作品も是非観てみようと思ってます。
Posted by クマ at 2006年12月15日 14:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


映画【マンハッタン】
Excerpt: 1979 ウディ・アレン 概要 テクノロジーを全く使わない人間模様だけのストーリー。 もの凄い人間くささで、割と数の多いキャスト一人一人間の奥行きがたった96分でちゃんと出ててます。 こういうのを観..
Weblog: notation
Tracked: 2006-12-14 00:26

「マンハッタン」(MANHATTAN)
Excerpt: 米国映画界の才人、ウディ・アレンが1979年に主演・脚本・監督の3役をこなしたコメディータッチのラブ・ロマンス「マンハッタン」(米、96分、ジョージ・ガーシュウィン音楽、ユナイト映画配給)。この映画は..
Weblog: シネマ・ワンダーランド
Tracked: 2009-06-21 04:10