2004/11/04

『アメリカン・スウィートハート』

本日の映画:アメリカン・スウィートハート
人気女優の姉(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)と彼女のマネージャーを務める妹(ジュリア・ロバーツ)と別居中の姉の夫(ジョン・キューザック)。妹→姉の夫→姉という三角関係がメインのラブコメ。
ラブコメ界の双璧といえば、メグ・ライアンとジュリア・ロバーツというのが私の個人的な意見なのですが、この作品もまたジュリア・ロバーツらしくていい感じです。あの、ちょっと高めの声で焦り気味にセリフをまくし立てるという彼女お得意のシーンが何度も出てきます。おぉぉ、出たー!待ってました!って感じ。
でもって姉役ののゼタ=ジョーンズ。人気女優という設定ということもあり自己中で我侭で高飛車。そしてそれを上回るゴージャスっぷりがかなり彼女にマッチしてたと思います。もしかして地でやってる?なんて思っちゃったりして。姉が妹をいいようにあしらっている姿に叶姉妹を連想してしまった。あ、レベルが違う?
ストーリーも分かりやすいし、ラストもハッピーエンドなので、安心して見れる作品です。
ただ少し残念なのが、ジュリア・ロバーツがちょっとシワっぽいところ。口を大きく開けて笑っているアップのシーンが多かったせいなのか、競演しているゼタ=ジョーンズの肌がつるりとしているせいなのか、彼女全体的に顔がシワシワしてるような気が…。それでも彼女はとてもキュートなので、ま、よしとしましょうか。
posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3506548