2004/11/06

『マルコヴィッチの穴』

本日の映画:マルコヴィッチの穴
まさに『やられたーッ!』って感じの映画。とあるビルの7と1/2階にある不思議ドアから続く穴に入っていくと、誰でも15分間ジョン・マルコヴィッチになれるっていう奇妙奇天烈なストーリーです。

こういうのってブラックユーモアっていうのかな?爆笑とまではいかないんだけど、要所要所に思わずプッと吹き出すシーンが盛り込まれてます。映画を真っ正面から見るタイプの人には受け入れて貰えなさそうな作品ですがデビッド・リンチとか好きな人にはオススメかも。
この作品、ストーリーも楽しめるのですが、それ以上に出演陣がかなりいけてます。まずは主演のジョン・キューザック。そういえばつい先日見た映画にもでてたけど、よもや同じ人とは思えないくらい格好悪いです。でもって彼の妻役のキャメロン・ディアスにいたっては、絶句!そして苦笑。他にもマルコヴィッチをはじめ、チャーリーシーンやショーン・ペン、ウィノナ・ライダー等々有名人がチラチラと顔をだしてます。

最後まで笑って終わりかと思いきや、ラストはちょっと意外な展開に。かなり好き嫌いの分かれる作品ではありますがご興味のある方はぜひご覧になって苦笑してみてください。
posted by クマ at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(2) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
何がショックかというと、やっぱりキャメロン・ディアスでしょう(笑
ジョン・キューザックは「アイデンティティー」しか見たことがないのですが、やっぱり彼も別人でしたね(^^;
Posted by ベル at 2006年01月28日 15:40
TBありがとうございました。
そういえば、デビット・リンチ風でもありましたね。(^_^)
私もキャメロン・ディアスには驚きました。しばらく気がつかなかったもの・・・。
Posted by shake at 2006年01月28日 16:46
>ベルさん
キャメロン・ディアス、ショックですよね〜(笑)
私もかなり衝撃を受けました。ハイ。

>shakeさん
やっぱり気がつかないですよね、キャメロン・ディアス。
髪の毛の色と形を変えただけでアレだけ地味になるとは!驚愕です(笑)
Posted by クマ at 2006年01月30日 17:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


マルコヴィッチの穴
Excerpt: 角川エンタテインメント マルコヴィッチの穴 DTSコレクターズエディション (1999) 出演 ジョン・キューザック (クレイグ・シュワルツ)     キャメロン・ディアス (ロ..
Weblog: ベルの映画レビューの部屋
Tracked: 2006-01-28 15:40

マルコヴィッチの穴
Excerpt: そもそも、なぜマルコヴィッチなの〜〜 その穴の中に入ると、15分間だけマルコヴィッチの脳に侵入できるのだという・・・。
Weblog: シェイクで乾杯!
Tracked: 2006-01-28 16:43