2004/11/13

怒りでは誰も幸せにできない 『アメリカン・ヒストリーX』

本日の映画:アメリカン・ヒストリーX
第一印象と違ってとても哀しい作品でした。
白人至上主義者の兄と兄に憧れる弟。人種差別を題材にした作品なのですが、個人的には人種差別に留まらない、今の世の中における怒りや憎しみといったとどまるところを知らないマイナスの感情に対する強烈なメッセージを感じました。怒りでは誰も幸せにできない。これこそが紛れもない事実。身につまされる思いでした。

さてさて、この作品、兄役にエドワード・ノートン弟役にエドワード・ファーロングというキャスティングなのですが、なんていうかすごいはまり役でした。エドワード・ノートンって作品ごとにがらっとイメージが変わるっていうのは知ってたのですが、ここまですごいとは!もう圧巻です。これはもう、実際に見ていただいて、ゼヒ実感していただきたい!いいもの見たって感じです。

さらにもう一つ個人的にうれしかったのは、主演の二人のスキンヘッド姿。実は私、スキンヘッド(というか丸刈り?)も結構好きだったりするんですよね。かっこいい男はスキンヘッド!というのが持論です(笑)主演の二人のスキンヘッド、凄く似合ってて惚れ惚れしちゃいました。
*****作品データ******
AMERICAN HISTORY X(1998年/アメリカ)
監督:トニー・ケイ
製作:ジョン・モリッシー
製作総指揮:ビル・カラッロ
出演:エドワード・ノートン 、エドワード・ファーロング

posted by クマ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(2) | ★★★★★



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
初めまして、blog始めてから初コメントにTrackBackです。
すごい量ですね。これだけのが書けるってのがすごいですね。僕なんかそんな的確な言葉がみつからなくていつも困ってるのに。
このblogお気に入りに登録させていただきました。
他のレビューもいろいろ勉強さしてもらいます。
映画好きに一歩前進した気分です。
Posted by J.J. at 2005年10月10日 05:32
J.J. さん こんにちは!
初TB&コメント、おめでとうございます!
自分の感じたことを的確な言葉で文章にするのってすごく大変ですよね。私もまだまだ勉強中の身ですので、とりあえず数で勝負!という気持ちでblogを書かせて頂いています。
素晴らしい映画をもっと上手く表現できるよう頑張りますので、これからもよろしくお願いします♪
Posted by クマ at 2005年10月10日 22:04
こんばんは。TBさせていただきました。
えーっと、以前seesaaブログでやってたんですけど、移転しました。
ブログリストに入れていただいてるみたいですので(ありがとうございます)
変更とかしていただけると嬉しいです。
気がむいたらでいいです(弱気)

この映画でエドワード・ノートンの威力を知りました、私も。すごい俳優ですよね。大好きです。
Posted by ざれこ at 2005年12月11日 02:09
ざれこさん こんにちは。
エドワード・ノートン、すごい迫力でしたよね。
ブログリスト追加しようと思ったところ、RSSリリースに伴うメンテ中で追加できませんでした。残念!
代わりにといってはなんですが、はてなRSSに登録させていただきました!これからもよろしくお願いいたします♪
私のはてなRSSはこちら→http://r.hatena.ne.jp/fatty/
Posted by クマ at 2005年12月16日 13:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3506653

アメリカンヒストリーX
Excerpt: この映画は人種差別に対する現アメリカの象徴 とにかく飽きない映画 複雑に絡み合う要素があるのにみていてそれをあまり気にさせない 映画自体が問題提起やからか、終わった後に残る感想は みんなだ..
Weblog: ARIGaTO
Tracked: 2005-10-10 05:18

アメリカン・ヒストリーX
Excerpt: アメリカン・ヒストリーXスタジオ: アミューズソフトエンタテインメント発売日:
Weblog: 映画を観る女。
Tracked: 2005-12-11 02:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。