2004/11/27

『X-MEN 2』

前作でマグニートーの企みを阻止したプロフェッサーX率いるX-MEN。人類に平和が訪れたと思った矢先、謎のミュータントによる大統領暗殺未遂事件が発生。このことがきっかけで人類とミュータントとの対立関係は悪化の一歩をたどり始める…。

X-MEN 3に伴うプロモの一環で地上波で放送されていたものを再見。今作はナイトクロウラーという全身真っ青のテレポーターが大統領を襲撃するわ、学校は襲撃されるわ、監禁されてたマグニートーが脱出したと思ったら今度はプロフェッサーXが囚われの身になるわでかなりエピソードてんこ盛り。

前作をしのぐ迫力ある映像はエンターテイメント作品として純粋に楽しめるのではないでしょうか。前作から登場しているキャラクターに加え、今作ではテレポート能力を持つナイト・クロウラーや火を操れるパイロ、なんでも凍らせる息を持つアイスマンなどが追加キャラクターとして登場します。さらに前作では各キャラクターのバックグラウンドについての説明的なシーンが多く作品としては少々物足りなさを感じましたが、今作ではそういったエピソードがほとんどありませんのでストーリー的にも満足できる内容に仕上がっていたんじゃないかなぁって思います。

個人的に気に入っているシーンはマグニートーの脱出シーン。特別にプラスチックで作られたマグニートーのための監獄っていうのもかなりの見物ですが、それより何よりあの脱出方法が素晴らしい。合理的且つ芸術的。独創性がありますよね(笑)。思わず「お、そうきたか。おぉぉぉ!」って感動してしました。

ただちょっと気になったのはあのエンディングですね。作品冒頭からジーンの能力がどんどん強くなっているっていう前置きがあったのでああいった展開になること自体は容易に予想がつくわけですが、さすがにあれだけあからさまに「3に続く!絶対見てね!」って感じの終わり方にするのはいかがなものかと思うのですが…。正直、あんなラストじゃ後味良くないですよね。つか、もともと3部作って触れ込みで作られてたんだとしたらまだ納得もいくんだけどなぁ。
*****作品データ*****
X-MEN 2 - X-MEN 2(2003年/アメリカ)
監督:ブライアン・シンガー
原作:スタン・リー
出演:パトリック・スチュワート、ヒュー・ジャックマン、イアン・マッケラン、ハリー・ベリー、ファムケ・ヤンセン
   ジェームズ・マースデン、レベッカ・ローミン=ステイモス、アラン・カミング、アンナ・パキン
公式サイト:http://www.foxjapan.com/movies/x-men2/
  →この作品をAMAZONで確認

はみだしレビュー
劇中拘束されたマグニートーが読んでいた『永遠の王』という本。ラストではプロフェッサーXが教材として同じ本をとりだすというくだりがあったりと、なんだか並々ならぬ入れ込みようを感じます。いったいどんな内容なのかしら?と検索してみたところ「アーサー王」についてのお話だったんですね。これがこの作品にどんな影響を及ぼしてるのかしら?ちょっと気になります。読んだことあるよ!って方いらっしゃったら是非感想教えてくださいませ。
永遠の王 ―アーサーの書<上>
永遠の王 ―アーサーの書<下>
posted by クマ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
こんにちは、TBさせて下さい。劇場でも見ましたが、久しぶりに地上波で見ても面白かったですが…クマさんはイマイチでしたか^^;)。3も早く見てみたいです!
Posted by ぶーすか at 2006年09月13日 07:57
ぶーすかさん こんばんは。
それ程酷評する訳でもないんですが、個人的にはあからさまに次に続きますよ〜ってかんじのラストがちょっと気になりましたね。
3の予告編に登場したジーンを見て、やっぱり死んでなかったか、って思いましたから(笑)。
でもなんだかんだいって、3には期待してるんですけどね。
Posted by クマ at 2006年09月13日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3506794

「X??MEN」「X??メン2」
Excerpt: ●X??MEN ★★★ 【地上波】ヒュー・ジャックマンのウルヴァリン、パトリック・スチュワートのプロフェッサーX、イアン・マッケランのマグニートー、アンナ・パキンのローグ、ファムケ・ヤンセンのジーン..
Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版
Tracked: 2006-09-13 07:55