2004/10/29

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』

本日の映画:キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
いいねぇ。面白い!
この作品、1960年代に実際に起こった詐欺事件の話を映画化したそうで。しかも監督はスピルバーグですよ。面白くないわけがないです。
華麗な手口とテンポのいいセリフ。ディカプリオのスマートさと中年FBI役のトム・ハンクスのちょい野暮ったい雰囲気。すべてが絶妙なバランスで生かされている、そんな作品。ディカプリオ演じるフランクがいろいろな人間になりすましながら詐欺を働いていくわけですが、ただ単に口からでまかせを言ってるだけじゃなく、それぞれの人間を演じるために本を読んだり司法試験の勉強をしてみたりといろいろな努力をしているところが面白い。いわば努力の詐欺師とでもいいましょうか。
追跡劇ってことなんで、最終的にはFBIに捕まってしまうわけですが、その後の展開もまたイイ!ラストもイイ!中だるみもせず、軽快なリズムで一気に見れる作品です。オススメ!。
posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3508013
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。