2005/05/16

衝撃的リバース・ムービー 『ドニー・ダーコ』

本日の映画:ドニー・ダーコ 
ある夜17歳の高校生ドニー・ダーコの部屋を飛行機のエンジンが直撃。持病の夢遊病のおかげでこの災難を逃れたダーコだったが、そんな彼の前に突然現れた銀色のウサギがこの世の終わりを告げる。目覚めた彼の腕には[28:06:42:12]の文字が。そしてその日を境に彼の周りでは奇妙な出来事が起こりはじめるというストーリー。2001年のサンダンス映画祭で話題となり世界中の映画祭で熱狂的なファンを生み出した衝撃作。ドリュー・バリモアが脚本に惚れこみ映画化した作品としても有名。主演はドニー・ダーコ役にジェイク・ギレンホール、転校生グレッチェン役にジェナ・マローン他ドリュー・バリモアやパトリック・スウェイジ、ノア・ワイリー、キャサリン・ロスなど豪華なキャスティングもみどころのひとつ。まさに噂どおり。謎が謎を呼ぶストーリー展開と何通りもの解釈が出来そうなラストシーン。期待通りの作品でとても満足です。

ミステリーのようなオカルトのような青春ドラマのようななんともいえない内容。ストーリーについて語りたいところは多々あるのですが、結末はモチロンのことセリフや表情など細かい部分についてもその捕らえ方にはかなりの個人差が発生するであろう内容なだけに敢えて触れないでおこうかと思います。正直言葉では上手く表現できそうもないですし。
代わりにといってはナンですが、ストーリー以外の点で個人的に「これは!」と思ったところを少々。まず、銀色のウサギは意外にグロテスクでビックリ。ジャケ写を見た限りではそれほどでもないのですが、本編にでてくるウサギは出っ歯でかなりグロイです。ま、そのグロさがまたいい味出してるわけですが。あと、登場人物が凄く多くてその全員が一様にみなアヤシイ感じです。中でもシェリータ(おでぶちゃん)の存在は最後まで謎でしたが、ラストにきてようやく納得できました。そういうことだったのねん。

それとDVD特典映像として監督・脚本を担当したリチャード・ケリーや製作総指揮を務めたドリュー・バリモアのインタビューが収められているのですが、コチラも必見です。この作品独特の世界観を紐解く鍵のようなものが発見できるかも!
公式サイトはコチラから。人物相関図などもあるので一度ご覧になってみてください。

*****作品データ*****
Donnie Darko(2001年/アメリカ)
監督:リチャード・ケリー
脚本:リチャード・ケリー
音楽:マイケル・アンドリューズ
出演:ジェイク・ギレンホール , ジェナ・マローン , パトリック・スウェイジ , ノア・ワイリー , キャサリン・ロス , ドリュー・バリモア
posted by クマ at 16:50 | Comment(2) | TrackBack(3) | ★★★★★



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
はじめましてm(_ _)m
トラバありがとうございました!
こんなに前の記事なのにとても嬉しいです!また遊びに来させてください。
Posted by mayumi at 2006年03月02日 11:06
mayumiさん
コメントどうもありがとうございます。
レビュー楽しく拝見させて頂いております♪
つたない文章ですがこれからもよろしくお願いします。
Posted by クマ at 2006年03月03日 08:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3673446

映画「ドニー・ダーコ」
Excerpt: DVDで観ました。リチャード・ケリー監督デビュー作品。2001年のサンダンス映画祭で「メメント」「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」とともに話題を呼んだ異色の青春ムービー。ドニー・ダーコ演じるジェ..
Weblog: しょうちゃんの映画観賞日記
Tracked: 2006-03-02 02:09

『ドニー・ダーコ』
Excerpt: 監督:リチャード・ケリー 出演:ジェイク・ギレンホール ドリュー・バリモア 独創的なストーリーと映像で綴られるSFサスペンス。
Weblog: cinema*cinema
Tracked: 2006-03-02 10:49

(映画)ドニー・ダーコ(2001/米)まさに80年代ノスタルジー
Excerpt: (映画)ドニー・ダーコ(2001/米)まさに80年代ノスタルジー心を病んだ高校生のダークな青春ファンタジー・ムービーまさに80年代ノスタルジー。夜明け、少年が自転車で坂道を駆け下りるファースト・シーン..
Weblog: エンタメ系のススメ
Tracked: 2006-03-03 16:52