2005/05/27

単純だから 面白いノダ。 『トレマーズ』

本日の映画:トレマーズ 
広大な砂漠地帯の中にある小さな町パーフェクション。その寂れた街にほとほと嫌気のさしたバルとアールは、この街を捨てて別の街へと移り住むことを決意する。そんな2人が車を走らせていた矢先、鉄塔の上で脱水状態で死んでいる住人の姿を発見。その不審な死に方に疑問を抱き始めた住人に巨大な蛇状モンスターが襲いかかるというストーリー。主演はバル役にケビン・ベーコン、アール役にはフレッド・ウォード。

またもや地上波での放送を観始めたらうっかり最後まで観てしまったというケース。かなりB級臭の漂うモンスター・パニック映画ですがこれがなかなか面白いんですよ。個人的にはかなり好み。住人を襲うモンスターは地中を這いまわり、人間が出す振動(音)を目印に人間に襲い掛かるんですが、この辺は『デューン/砂の惑星』を彷彿とさせますね。巨大ミミズです。ミミズ。キモーイ(笑)

みどころはなんといっても全編通して漂うそのB級くささ。住民が次々と死んでるのに全く以って緊張感ないし、くだらないブラックジョークは連発するし。そしてあのキメ台詞。そのアホ臭さがたまらなく面白い!さらに出てくるキャラクターも一様に皆アヤシイです。雑貨屋の店主とか武装マニア夫婦とか。さらに主演のケビン・ベーコンのイキイキとした演技もみどころの一つ。ここ最近はシリアスな映画での悪役という配役が多かった彼ですが、この作品では良い人(つーかアホっぽい)を演じてます。つかこっちの方が性にあってんじゃないかい?とか。

ま、ここまでこの作品の愛すべき確信犯的アホっぷりを語って来たわけですが、その極めつけが予想だにしなかった衝撃のラストシーン。『マイッター(ノ∀`)』って感じです。もうね、完敗です。観てない方、必見ですよ。ウフフ。

余談ですが、アマゾンでとてもマニアックなモノ見つけました。
トレマーズ "グラボイズ" BOX(コレ→)です。アイ,ロボットの"サニー" ヘッドBOXとかエイリアンのアニバーサリーBOXみたいなヤツ。つか、そんなに人気があるのか?この作品。そこんところ激しく疑問。

*****作品データ*****
Tremors (1989年/アメリカ)
監督:ロン・アンダーウッド
脚本:ブレント・マドック/S.S.ウィルソン
撮影:アレクサンダー・グラジンスキー
出演: ケビン・ベーコン/フレッド・ウォード/フィン・カーター/マイケル・グロス/リバ・マッケンタイア

posted by クマ at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3945488

映画「トレマーズ」
Excerpt: 劇場で観ました。低予算のB級映画ですが、めっちゃ面白いです。巨大な蛇状モンスターと住民の攻防戦が見ものです。手作りの巨大モンスター、グラボイスの作りもよく出来ています。目が見えないが振動に反応して攻撃..
Weblog: しょうちゃんの映画観賞日記
Tracked: 2006-02-11 20:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。