2014/09/24

『パシフィック・リム/Pacific Rim(2013年 /アメリカ)』★★★★★


監督:ギレルモ・デル・トロ
脚本:トラヴィス・ビーチャム、ギレルモ・デル・トロ
原案:トラヴィス・ビーチャム
出演:チャーリー・ハナム、菊地凛子、イドリス・エルバ
   チャーリー・デイ、ロバート・カジンスキー
http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim/

大幅に遅ればせながら見ました。しかも一週間の間に3回もw

公開当時から絶賛されていただけあって、ホントに(・∀・)イイ!!すごく(・∀・)イイ!!イェーガー最高!!イヤッホー!!
時間がなかったもんで、空き時間を見つけては少しずつ細切れ再生してたんですけど、ドリフトでマコが「ウサギを追い」始めたあたりから我慢できなくなって、お仕事ほったらかして観てしまいましたw でも後悔してない!!それくらい(・∀・)イイ!!

個人的に良かったポイントは、怪獣が本気なところ。マジでダメかもー、、、と思うくらい本気。2匹がかりでとか普通に襲ってくるからね。しかも手加減なし(あたりまえだけど)。電磁波とか強酸とか、進化するのがまたまた怖くて良い感じです。

さらに良いのが、飛び道具とか使わないところ。基本、肉弾戦。殴って蹴って投げ飛ばす!たまたま手にしたコンテナだったりタンカーなんかでボッコボコに殴り倒すところは、子供のケンカかよって感じで観ててホント面白かった。怪獣も本気で悔しがってるし。

そして大事なのが、怪獣vsイェーガーをメインに持ってきているところ。それ以外は全部サブという潔さ。魅力的なキャラもあえて深追いしない。ラブストリーなんていらない。そんな潔さがとても素晴らしかったです。

そして最後は、監督の愛。これです。この人ホントに好きなんだなー、っていうのが画面からヒシヒシと伝わってきます。やっぱり愛がなくちゃねー。

同じく巨大ロボットがボコボコなぐり合う「トランスフォーマー」シリーズも好きなのですが、興奮度としてはこちらの方が格段に上。ロボット映画を観てこんなに興奮するなんて、ある意味驚きです。久しぶりに、いいもん見たなーって思える作品でした。未見の方、ぜひどうぞ!!

■パシフィック・リム 予告編(You Tube)

posted by クマ at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/405929449
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。