2005/06/07

迫り来る火砕流から全力で逃げきれ! 『ダンテズ・ピーク』

本日の映画:ダンテズ・ピーク 
地震調査のため町を訪れた地質学者ハリー。休火山ダンテズ・ピークを調査していたところ、火山活動を示す地殻変動を発見。市長につめより、避難勧告を出すべきだと訴えるハリーの甲斐もむなしくダンテズ・ピークは大噴火を起こすというストーリー。主演は007シリーズでおなじみのピアース・ブロスナンとターミネーターシリーズでおなじみのリンダ・ハミルトン。

ジャンルとしては自然災害(火山噴火)系パニック映画です。ピアース・ブロスナン扮する地質学者が地震調査をしていて火山噴火を警告。で、やっぱり火山が噴火。お決まりのように取り残された人がいて危険を顧みずに助けに行くってありがちなストーリーなのですが、なにがすごいって噴火シーンのCGがもの凄いんですよ。空高く舞い上がる噴煙とか飛んでくる火砕サージ、迫り来る火砕流がとてもリアルに描かれていて背筋に冷たいものを感じます。おぉコワー。当時の最先端技術を駆使したといわれる映像は一見の価値アリです。

とはいえこの作品、残念ながら突っ込みどころも満載。湖のシーンとか溶岩の上を車で走り抜けるシーンとか、数え上げるとキリがありませぬ。そもそも我の強いおばあちゃんと言うこと聞かない子供たちが事をややこしくしているあたりは観ていてかなりイライラいたします。ま、そうでもしないと奇跡の救出劇自体が描けなくなってしまうので映画として成り立たないっていうのはよく解りますけどね。

最後に、同じく噴火系のパニック映画としてボルケーノという作品があります。公開時期が近かったせいかどうもこの二つよく比較されるので、まだご覧になっていないという方はあわせてご覧になってみてはいかがでしょうか。個人的にはキャスティングではダンテズ・ピーク(トミーリー・ジョーンズよりもリンダ・ハミルトンに軍配。決してピアース・ブロスナンが良いというわけではありません)、ストーリー的にはボルケーノが好みですね。ちなみに数ある自然災害系パニック映画で一番好きなのはツイスターです。

*****作品データ*****
DANTE'S PEAK(1997年/アメリカ)
監督:ロジャー・ドナルドソン
出演:ピアース・ブロスナン、リンダ・ハミルトン、ジェイミー・レネー・スミス
posted by クマ at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4191047