2007/06/01

『三年身籠る』

妊娠9ヶ月の冬子。しかし出産予定日が近づいても一向に生まれる気配がなく、ついには妊娠18ヶ月目へと突入するのだが…。

本日の作品は『三年身籠る』。ほぼスッピンと思われるオセロ中島が妊娠27ヶ月の妊婦を演じるという異色の作品。実はワタクシ何を隠そう妊娠9ヶ月のれっきとした妊婦でして、さすがに妊娠中にこんな作品観て大丈夫かしら〜と多少不安に思ってたのですが、鑑賞してみてあらビックリ!なんとも浮遊感漂うゆるゆるとした展開、そして所々に挿入される摩訶不思議な演出。まるで御伽噺を観ているような不思議な作品でした。

そもそもこの作品登場人物がみな一様にヘンテコで、18ヶ月もの間妊娠し続けているわりには周囲の心配を余所にのほほーんとしている主人公冬子を筆頭に、お腹の中の子供は勝手に女の子だと決めつけている冬子の祖母と母(しかもこれまたなかなか生まれてこない子供を心配している様子はない)や、変な部分にばかりこだわる冬子の妹緑子桃子とその彼海。唯一まともかと思われた冬子の夫徹もやはり話しが進むに従ってこのヘンテコ家族に同化してしまう始末。でもそのへんてこさ加減が絶妙でなんとも言えないんだよね〜。

あと凄く印象的だったのは、冬子が放つ妊婦独特の雰囲気。自分が妊婦だってことも少なからず影響しているんだとは思うのですが、周囲の喧噪を余所にどことなく満ち足りた表情でお腹に手をやる仕草だったりとか、お腹の子供への話しかける姿だったり内容だったりとか、なんだか観てて凄く親近感を感じましたね。さすがに27ヶ月もお腹の中に入れておくのは恐怖だけど、いざとなったらそれも良いかも〜なんてうっかり考えちゃうほど幸せそうな妊婦姿だったと思います。
*****作品データ*****
三年身籠る(2005年/日本)
監督:唯野未歩子
出演:中島知子、西島秀俊、木内みどり、奥田恵梨華、塩見三省、丹阿弥谷津子、鈴木一真
公式サイト:http://www.threeyeardelivery.com/
  →この作品をAMAZONで確認

posted by クマ at 09:24 | Comment(4) | TrackBack(1) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
こんにちは!
久しぶりにコメントさせて頂きます。
この作品気になってたんですよ〜。
設定とか、主演がオセロの中島なところとか。
ゆるゆると面白そうですね。

ところで…クマさん、妊娠されていたんですね。
ビックリです!
9ヶ月かぁ…あともう少しですね。
お体にお気をつけて下さいね。
Posted by Nyaggy at 2007年06月04日 13:14
Nyaggyさん
お返事かなり遅くなってしまいましたがコメントどうもありがとう。
オセロ中島の演技、どうかなぁ〜?って思ってましたが意外と悪くないっていうのが
正直なところですね。

私のところは無事10ヶ月で生まれましたので(笑)、これからまた暇をみつけてぼちぼち更新
していきたいと思いますのでヨロシクです。
Posted by クマ at 2007年09月12日 13:58
TBありがとう。
そうですね。妊婦という独特の時間の中で、ある充足感があるんでしょうね。おもしろい映画でした。
Posted by kimion20002000 at 2007年09月14日 21:09
kimion20002000さん コメントどうもありがとう!
不思議な雰囲気ですよね、この作品。
普通ではあり得ない設定なんだけど、なぜか違和感を感じないっていうか(笑
今後もこの監督には注目していこうと思います。
Posted by クマ at 2007年09月29日 10:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/43423104

NO.182「三年身籠る」(日本/唯野未歩子監督)
Excerpt: 唯野未歩子は「団塊Jr.」のもっとも良質な 問題意識と感性を持った監督かもしれない。 21世紀に入って、本当のところなにが起きるのか誰にもわからないまま、騒がれてきたのが2007年問題である。「団塊..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2007-07-20 20:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。