2005/06/21

多感な少年たちの揺れ動く心象風景 『エレファント』

本日の映画:エレファント 
アメリカのとある高校。それぞれ思い思いの日常を過ごす生徒達。そこには家庭環境に悩みを持つ者、趣味の写真に没頭する者、学生クラブに参加する者、噂話に花を咲かせる者など多種多様な人間が入り乱れ、いつもと変わらない生活を送っていた。しかしそんな平凡な一日を軽蔑するかのようにライフルを手に武装した学生二人が乱入、次々と引き金を引き生徒を殺し始める。主演はジョン・ロビンソン、アレックス・フロスト、エリック・デューレン他。

第56回カンヌ映画祭で史上初のパルム・ドール&監督賞をW受賞した話題作。1999年に起きたコロンバイン高校の銃乱射事件を題材に平凡な一日が身も凍るような恐ろしい日へと変貌する様子を複数の学生の視点で描いてあります。作品序盤から中盤にかけて映し出される淡々とした日常風景。決してすべてが正しくて皆が幸せなわけではないけれど、学生達はそれなりに一生懸命生きています。しかしラストではそれが一転して戦慄の映像へ。そのギャップに唖然としました。

中でも一番印象的なのが宅配便でライフルが届くシーン。そもそも銃がネットで販売されていて、宅配便で届くというアメリカの現状に驚くとともに戦慄を覚えます。そして届いた銃を目の前に無邪気に喜ぶアレックスとエリックの姿。手に入れた銃を早速試射をするシーンは子供独特の無邪気さを感じつつも、同時にラストに待ち構える恐ろしい結末を暗示しています。

二人が学校に乗り込み学生達を淡々と射殺していくクライマックスは直視するに耐えがたい恐ろしい映像でした。しかし、鑑賞後に残る印象は不思議なことにその映像のおぞましさというより少年達の持つ純粋さをより強く感じます。彼らが無意識に感じている不安や不満、そしてあの年代独特の繊細な感覚は観ている観客を切ない気持ちにさせます。

刺激的な題材・映像とは裏腹にとても繊細で感覚的な作品です。単純に銃社会を凶弾するわけでもなく、事件を起こした少年達を一方的に非難するわけでもなく、かといってカリスマ扱いするわけでもなく、常に中立的な視点で語られています。決して観ていて気分のいい類の作品とは言えませんが、すごく印象に残る作品でした。

*****作品データ*****
ELEPHANT(2003年/アメリカ)
監督:ガス・ヴァン・サント
製作:ダニー・ウルフ
製作総指揮:ダイアン・キートン、ビル・ロビンソン
出演:ジョン・ロビンソン、アレックス・フロスト、エリック・デューレン、イライアス・マッコネル
公式サイト:http://www.elephant-movie.com/elep_index.htm
posted by クマ at 17:07 | Comment(5) | TrackBack(2) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
日常と非日常が常に隣り合わせなんだという事がよく伝わってくる作りであったと思います。
でも事件が起こる瞬間ってこんなものなのかもしれないなぁと、私自身も淡々と観ていました。
名作であったと思います、とても好きです。
Posted by るるる@fab at 2005年06月25日 14:21
こんばんは。
この作品は去年のBESTと言ってもいいくらいです。
映像と音楽はあの事件とは裏腹に美しく静謐なものですが、だからこそ唐突なエンディングが際立っていたように思います。「ボウリング・フォー・コロンバイン」のような饒舌さはないですが、狂気が発現する瞬間が無造作に切り取られていたのが印象的でした。
Posted by lin at 2005年06月26日 21:48
るるるさん
>事件が起こる瞬間ってこんなものなのかもしれないなぁ
私もこの作品を観ながら改めてそう思いました。
淡々とした作品だからこそ、凄く印象に残りますよね。

linさん
このエンディング、まさに“狂気”ですよね。
「ボウリング・フォー・コロンバイン」は別の国の出来事という感じで客観的に観ていられましたが
こちらの作品は近い未来日本で起きても不思議ではない
そんな恐怖をも感じさせるという意味でとても印象的でした。
Posted by クマ at 2005年06月28日 12:11
もうこの映画を観て時間が結構経っているのに、
まだあの衝撃は忘れられません。
Posted by こま at 2005年06月30日 10:32
こまさん こんにちは。
私もかれこれこの映画を観てから一週間ほど経過しているのですが
時間がたつほどに印象が濃くなる、そんな映画だなぁって思います。
透明感が増すっていうんでしょうか。
時期を見てもう一度観たい作品ですね。
Posted by クマ at 2005年06月30日 17:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4512087

見たい映画をつなぐタスキ
Excerpt: MusicalBatonの次は映画のタスキが回ってきました!回して下さったのはgrapesさんです。 ----------------------------------------------..
Weblog: cinemaカタログ
Tracked: 2005-06-22 13:26

エレファント
Excerpt: なんか、ものすごく胸が詰まる・・・。 映像の撮りかたもそういう感じだし、 時間が交差するところも、常に集中力が欠けない感じ。 映画というよりも、ドキュメンタリーみたい。 本当に自分もその高..
Weblog: Movie☆Diary
Tracked: 2005-06-30 10:33