2005/06/27

こだわりぬかれた世界観と繊細なキャラクター 『ガタカ』

本日の映画:ガタカ 
近未来、そこでは人間は母体からではなく試験管の中で誕生する。人間は受精卵の時点でDNA検査をうけ、優秀な遺伝子を持つ受精卵だけを選別し誕生させたいた。そんな中遺伝子操作を受けず母親から生まれたヴィンセントは心臓に疾患を持ち、30年の命と宣告される。「不適性者」とレッテルを張られたヴィンセントは職を転々としながら暮らしていたが、宇宙飛行士になる夢をすてきれずにいた彼は闇業者を通じ事故で両足の自由を失ったエリートジェロームと取引、彼に成りすますことによって“ガタカ・コーポレーション”に潜り込む。主演はイーサン・ホーク、ユマ・サーマン、ジュード・ロウ。

とても静かで哀しみに満ちた美しい作品。生まれたときから「不適正者」として差別を受けるヴィンセントが自分の夢と可能性を求め続ける姿は遺伝子科学に洗脳された人間達をあざ笑うかのような皮肉を含む反面、とても寂しげで悲哀に満ちています。かたやエリートの中でも特出して優れた遺伝子を持ちつつ、不慮の事故により両足の自由を失い一人寂しく暮らすジェロームもまた、遺伝子社会の被害者としての悲哀に満ちています。人生の不条理さややりきれない気持ちをひしひしと感じる作品でした。

みどころはイーサン・ホーク演じるヴィンセントが行う成りすまし工作。無駄毛一本から皮膚の垢ひとつまで丹念に洗い流し、入館時の血液チェックや定期的に行われる尿検査をクリアするために細心の注意を払っています。そんな中、雰囲気に呑まれてユマ・サーマン演じるアイリーンと一夜を過ごしてしまうわけですが、その後にとる彼の行動が涙を誘います。あのシーンは観ていてとても切なかった。

難しいテーマを描いている割にはとても解りやすく、途中中だるみすることもなく、流れるように展開していくストーリーは秀逸。美しい映像との相乗効果であっという間にあの独特の世界に引き込まれていきます。最後の最後に待ち受ける意外な事実も哀しい結末もすべてが完璧な仕上がりだと思います。SFドラマの最高傑作という評価はダテではありません。必見の一作です。まだの方は是非!
*****作品データ*****
GATTACA(1997年/アメリカ)
監督:アンドリュー・ニコル
出演:イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、ジュード・ロウ
posted by クマ at 14:49 | Comment(2) | TrackBack(3) | ★★★★★



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
あのなりすまし工作は非常に悲しい、あの情けなくも地道な努力が近未来の設定と余りにもギャップがあり、だからこそ涙を誘います。
TBさせていただきました。
Posted by るるる@fab at 2005年12月03日 15:38
るるるさん こんにちは。
この作品は初めてみた時からずっとお気に入りです。あの独特の世界観、すっかり虜になってしまいました。
こんなに笑顔の少ない映画っていうのも珍しいっていうくらい、みんな悲しげで寂しげで、何かを諦めたような表情なんですよね。
シャトルを見上げるジェロームの姿がすごく印象に残ってます。
Posted by クマ at 2005年12月06日 17:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4664389

GATTACA (徹底分析)
Excerpt:  そう遠くない未来。遺伝子操作によってあらかじめ負の因子を排除して優秀な子供を「つくる」のが普通の方法だった。遺伝子工学がめざましく進歩した時代に、自然の形で生まれたビンセント(イーサン・ホーク)はハ..
Weblog: Welcome To My Life
Tracked: 2005-08-21 10:05

「ガタカ」
Excerpt: 「ガタカ」を観ました。 近未来、遺伝子工学によって既に出産に関しても管理がなされている社会でヴィンセントは自然妊娠によって生まれた。しかし彼には生まれつき心臓に問題があり余命まで宣告され「不..
Weblog: るるる的雑記帳
Tracked: 2005-12-03 15:41

ガタカ
Excerpt: GATTACA(1997/米) タイトルのGATTACAとは、主人公が勤める会社名なんであるが、人間の遺伝子を構成する元素の頭文字を組み合わせて作った言葉なんだとか。人間を差別するのは人種でも生..
Weblog: knockin' on heaven's door
Tracked: 2006-05-24 01:18