2005/07/13

『アルゴ探検隊の大冒険』

本日の映画:アルゴ探検隊の大冒険 
生まれたばかりのイアソンは暗殺者によって国王である父を殺され自身の命も狙われるが魔の手からなんとか逃れる。青年になったイアソンは王位を取り戻すため、手にした者に幸運をもたらすといわれている黄金の羊の毛皮を求めて勇者達を集め海へと繰り出す。主演はトッド・アームストロング、ナンシー・コヴァック。

1963年とかなり古い作品なのですが、その筋の方々には絶大な人気のある作品だそうです。多くの特撮映画を手がけてきたハリーハウゼンの代表作といわれている作品だそうでして、ストップ・モーションと呼ばれるひとコマずつ撮影する技法が多用されております。とはいっても、個人的にはそちらの方面にあまり精通してはおりませんので、気になる方は検索してみてください。鑑賞後の感想としては昔の古きよき時代の特撮ファンタジ−映画といったところでしょうか。巨人やら怪鳥やら怪獣なんかが結構でてきますが、一切CGを使っていないので全く怖くはありません。ストーリーも解りやすいので大人はモチロン、お子様でも十分楽しめるかと思います。

みどころはなんといってもそのストップモーションといわれる特撮シーン。ラストの骸骨との戦闘シーンは力が入ってます。Amazonのレビューに書いてあったのですが1日に13コマ(約0.5秒)しか撮影することが出来ず、撮影終了まで実に4か月半を費やしたというからビックリです。CG全盛の今の世の中では考えられないような根気に脱帽ですね。

ギリシャ神話をベースに作られたといわれるストーリーもなかなか楽しめるのですが、個人的には所々に挿入される神様達の会話のシーンが印象に残ってます。個人的な思い入れだったり思いつきだったり、結構いい加減な感じで人間の運命を決めてるんだよねぇ。オイオイ、そんなんでいいのかよー、って思わずツッコミ入れちゃいたくなりますよ。ま、たまにはこんなアナログな感じの作品もいいものです。
*****作品データ*****
JASON AND THE ARGONAUTS(1963年/イギリス)
監督:ドン・チャフィ
製作:チャールズ・H・シニア、レイ・ハリーハウゼン
出演:トッド・アームストロング、ナンシー・コヴァック
posted by クマ at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5053701

『アルゴ探検隊の大冒険』(1963)
Excerpt: 亡き父の復讐を果たし王国を取り戻そうとするイアソン(ジェーソン)は、当の仇であるペリアスの姦計によって、平和をもたらすと言う「黄金の羊の毛皮」を探す冒険の旅へ。ヘラクレスを始めギリシャ中の勇者を集めた..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2006-10-15 20:27