2007/09/29

『SAYURI』

9歳で花街の置屋に売られた千代は、厳しい花街の世界と孤独に戦っていた。そんなある日会長と呼ばれる紳士に出会ったことがきっかけで、芸者への道を歩みはじめるのだが…。

本日の作品は『SAYURI』。この作品も劇場公開当時非常に見に行きたかった作品。芸者の話なのに主役がなぜかチャン・ツィイーだったり全編通して英語なのにところどころヘンテコな日本語が登場したりと、日本人としては納得いかない部分は多々あるものの、あの美しい映像の数々を観てしまうとやっぱり気になるわけで。さらに渡辺謙や役所広司、桃井かおりといった日本の役者さんが多数出演しているところも気になるところ。

SAYURI役のチャン・ツィイーも悪くはなかったけど、個人的には豆葉役のミシェル・ヨーの何とも言えない艶っぽい演技が非常に印象的だったと思う。あと桃井かおりのクソババアっぷりも素晴らしかった(笑)。なぜか「パンプキン」なんていう変な名前を付けられちゃった「おカボ」こと工藤夕貴の最後の裏切りも腹黒くてなかなか良かったけど、渡辺謙演じる会長さんが最後の最後まで聖人君子のように描かれている部分はちょっと頂けなかったかなぁ。

ストーリー的には可もなく不可もなくといったところ。個人的にはおとぎ話のような結末には納得いかないものの、きっと製作者サイドはそこを狙ってやってるんだろうしなぁといった部分もなんとなく見えちゃっているので、あえて苦言を申し上げるのは控えようかな。でもちょっと美化しすぎだよね〜。

あと第78回アカデミー賞で美術賞を受賞しているだけあって、映像はとても美しかったですね。女優さん達も美しいし、衣装も豪華絢爛。セットの一つ一つもかなり凝ってます(ちょっと中国テイストが強いのは気になりますが)ので、見ているだけで楽しい作品だったと思います。
*****作品データ*****
SAYURI - Memoirs of a Geisha(2005年/アメリカ)
監督:ロブ・マーシャル
製作:スティーヴン・スピルバーグ、ルーシー・フィッシャー、ダグラス・ウィック
出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、役所広司、ミシェル・ヨー、コン・リー
   桃井かおり、工藤夕貴、大後寿々花
公式サイト:http://www.movies.co.jp/sayuri/
  →この作品をAMAZONで確認

posted by クマ at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/57826999

SAYURI
Excerpt: SAYURI MEMOIRS OF A GEISHA 監督 ロブ・マーシャル 出演 チャン・ツィイー 渡辺謙 ミシェル・ヨー     役所広司 桃井かおり 工藤夕貴 アメリカ 20..
Weblog: Blossom Blog
Tracked: 2007-09-30 10:31