2008/02/25

『サウンド・オブ・サンダー』

西暦2055年、タイムトラベルが可能になり、旅行代理店タイム・サファリ社では、6500万年前へのタイムトラベルツアーを主催し人気を博していた。しかしある日、ツアー客の一人がそうとは気付かぬうちにルールを破ってしまい、そのことがきっかけで進化の歴史に徐々に狂いが生じ始める…。

本日の作品は『サウンド・オブ・サンダー』。その筋では有名なレイ・ブラッドベリの古典的SF短編小説「いかずちの音」(もしくは「雷のとどろくような音」)が原作とのこと。タイムトラベルがきっかけで歴史を狂わせてしまった人間が、何とか元に戻そうと悪戦苦闘するっていう結構ありきたりなストーリーです。

この作品、小難しい話は一切無いので雰囲気だけ楽しめればそれでOKって感じかな?素人目にも突っ込みどころ満載なので、お酒でも飲みながらダラダラと鑑賞するのが吉です。理論的にどうのとか難しく考え始めると一気に見る気が失せますので、その手のタイプの方と一緒にご覧になるのは避けた方が良いかも(笑)。

ちなみに私が一番突っ込みを入れた部分は過去の変化が段階的に現在に波及していくってところ。過去を変えてしまったために現在までの進化の過程に狂いが生じるという部分は理解できるんだけど、その変化が何度も波となってやって来るってところは正直???な感じ。ま、映像的に面白かったから良しとしますが。

作品自体がかなりB級なので、全体的に「ま、こんなもんかなぁ」的な感じです。これで「空前の大ヒット!」みたいな大々的なプロモ展開なんかしてたりしたら劇怒り間違いなしですけど(笑)。あくまでも暇つぶし程度に気が向いたらどうぞ。
*****作品データ*****
サウンド・オブ・サンダー - A SOUND OF THUNDER(2004年/アメリカ・ドイツ)
監督:ピーター・ハイアムズ
原作:レイ・ブラッドベリ 
出演:エドワード・バーンズ、キャサリン・マコーマック、ベン・キングズレー
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/61668119


Excerpt: SF映画SF映画(エスエフえいが)は、SF(サイエンス・フィクション)をモチーフにした映画。宇宙人の襲来、宇宙旅行、宇宙戦争、海底探険、タイムマシンなどの題材がよく扱われる。SFは現在の世界とは違う作..
Weblog: SFフリーク集合!
Tracked: 2008-02-26 09:26