2005/09/14

映像は好み でもストーリーが激しく微妙… 『リディック』

本日の映画:リディック 
ネクロモンガーの侵略が激化する宇宙、殺人と脱獄を重ね、5つの惑星から指名手配されているリディックはUV星系の氷の惑星でひっそりと暮らしていたが賞金稼ぎたちの襲撃に遭う。そして自分に法外な賞金をかけた者が現れたことを賞金稼ぎから聞き出したリディックは、賞金の出所を探しにヘリオン第1惑星へ向かう。主演はヴィン・ディーゼル、ジュディ・デンチ、コルム・フィオールほか。

前作『ピッチブラック』の続編です。といっても前作を観ないままこちらの作品を観てしまい、そのことに途中で気がついたものの、もう一度頭から見直す気も起きず、結局そのまま最後までズルズルと鑑賞してしまったわけですが。このことからもわかるとおり、この作品、かなり微妙です。見るに値しないというほど悪くはなく、かといって人に薦めるほど良くもない、そんな感じ。思えば今まで見たヴィン・ディーゼル主演の映画で満足のいった作品はなかったなぁ。相性悪いのかしら…。

とはいえ、彼のアクションシーンはなかなか見応えありで、これはこれでアリかなぁと思います。ガタイがよろしいので迫力もありますしね。加えて飛び交う銃弾の軌跡や明と暗のメリハリある映像、戦闘シーンの緩急ある独特の描写もなかなか面白く、観ていて楽しいことは楽しいです。あとはストーリーにもう少しメリハリ効いてるということナシなんだけどなぁ。

とりあえず順序は逆になってしまいましたが、前作『ピッチブラック』を観てから再度評価してみようと思います。もしかしたら、気がつかなかった何かがあるかもしれないし(無いかもしれないけど)。

あ、あと、ERファンの方にチョットお知らせ。第10シーズンでカータ先生ともにょもにょ(←未見の方への配慮です)な関係になるケム(タンディ・ニュートン)が悪女役で出演してます。ERの時も思ってたんですけど、もの凄くちっちゃくてほっそいですよね、彼女。今回は体に密着する衣装や大きく胸の開いた衣装が多かったのでそのスタイルの良さに女の私でさえホレボレしちゃいました。こちらも是非チェックしてみてくださいませ。
*****作品データ*****
リディック
THE CHRONICLES OF RIDDICK(2004年/アメリカ)
監督:デヴィッド・トゥーヒー
製作:ヴィン・ディーゼル、スコット・クルーフ
出演:ヴィン・ディーゼル、ジュディ・デンチ、コルム・フィオール、タンディ・ニュートン、ニック・チンランド
公式サイト:http://riddick.jp/
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6911420