2005/09/20

スクール・オブ・ロック

本日の映画:スクール・オブ・ロック 
かつてのバンド仲間で親友のネッドの家に居候しながらロッカーとして一人破天荒な生活を続けるデューイ。しかし彼のロックへの傾倒ぶりが仇となり、所属していたロックバンドからはクビにされ、さらにネッドとその恋人からは立ち退きを迫られてしまう。仕事も金もなく途方にくれるデューイは、ネッド宛にかかってきた職員代行の依頼の電話を受け、ネッドに成りすまし代行教師として小学校へ乗り込むが…。監督はリチャード・リンクレイター、出演はジャック・ブラック、ジョーン・キューザックほか。

いやー、はっきり言ってプロモ写真(特にあのジャック・ブラックがどうも、ねぇ)があまりにもイヤンだったので食わず嫌いしておりました。こんな面白い映画なら、劇場で観とくんだった!っていうくらい良かった。なにがいいって、あのジャック・ブラックの細かい演技。これでもかって言うくらい変わる表情(特に眉!)とかなりオーバー気味なジェスチャー(特に指!)の数々。まさにスーパーハイテンション。冒頭のステージ〜ダイブのシーンでは、デブだしムサいしダサいしで、アイタタターってな感じでしたが、今ではすっかり彼のファンになってしまいました(笑)。こうなったらDVD買っちゃうぞ!

従順で優秀な小学生とロックオタクがロックを通して信頼関係を築き、大人たちが押し付ける常識やルールをぶっ飛ばすっていうとても判りやすく、かつ共感しやすいストーリー。最初は大人たち(デューイ含む)の指示に従順に従うだけだった子供達が、ロックに接するに従って、自分の意見を持ち自分の意思で行動しはじめるところは結構グッときます。あと校長先生のグチの内容にも。世間体とか常識ばっかり気にするだけのつまらない大人になっちゃってるカモ…なんてことをちょっとだけ考えさせられましたね。

主演のジャック・ブラックの演技についてもう何も言うことなしではありますが、個人的にツボだったのが校長先生役のジョーン・キューザック。なんか凄くいい感じの役者さんでビックリしました。今後は要チェックですね。でもってココだけの話、クレジットを読み違えてしまい、「あれ?ジョン・キューザックなんてでてたっけ?」なんていうお恥ずかしい勘違いまでしちゃいました。しかもジョーン・キューザック(Joan Cusack)とジョン・キューザック(John Cusack)って兄弟なのね。初めて知りました。つか、紛らわしいっつーの!顔は…あんまり似てないかな。

そうそう、作品中ロック史の授業で黒板に描かれていた詳細なロック相関図。もう一回じっくり観てみたいなぁって思ってたら公式サイトに載ってました(字が小さくてチョット見にくいけど)。興味のある方は↓の公式サイトへのリンクからどうぞ!
*****作品データ*****
スクール・オブ・ロック
THE SCHOOL OF ROCK(2003年/アメリカ)
監督:リチャード・リンクレイター
製作:スコット・ルーディン
出演:ジャック・ブラック、ジョーン・キューザック、マイク・ホワイト、サラ・シルヴァーマン
公式サイト:http://www.schoolofrock-movie.jp/
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 15:08 | Comment(6) | TrackBack(7) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
こんちは、絶賛されてる人多いようですが、俺ダメでしたコレ(笑。あの時代の音楽自体は嫌いじゃないですがw
キューザック良かったですねw
Posted by lin at 2005年09月22日 09:04
linさん こんにちは。
あらら、ダメでしたか、この映画。
私の場合、音楽(ロック)への思い入れが少ない分、こういった演出は逆に新鮮な感じがして結構楽しめましたね。ま、万人受けするような音楽はそもそもロックじゃないような気もしますけど(笑)
Posted by クマ at 2005年09月22日 22:38
私もジャック・ブラックのビジュアルが苦手で、ずっと避けてたんですが、世間の評価の高さとジョーン・キューザックにつられて観てみたんですよ。

確かに良い映画だった。
でも、やっぱりJBは苦手のままですが…。

「天使に…」的な展開だと思ったら、子供らがとっても素直で、変に反抗したりという遠回りがなくて楽に楽しめたのが良かったです。

しかし、子供らの技術には驚かされました。
Posted by シミズ at 2005年09月25日 20:16
シミズさん
シミズさんもキューザック好きでしたか!
この作品で、意外にもジョーン・キューザックがかなりの人気者である事が判明し結構びっくりしています。個人的には大穴でしたので(笑)

ジャック・ブラックは賛否両論のようですが、たまにはこんなエンターテイメント性の高い作品も悪くないなぁって思いました。
子供たち、素直でかわいかったですね♪
Posted by クマ at 2005年09月25日 23:14
こんにちは★

この作品大好きです。

私もジャック・ブラックの顔が苦手で、この作品も避けて通ろうかと思っていたんですが、色んな映画ブログの方々が口々に良かった!!と絶賛されていたので観てみたんですよね。

ホント、なぜもっと早く観なかったんだ!!って後悔しましたよ。
ジャック・ブラックを見直しました(笑)
Posted by マイコ at 2006年02月26日 16:04
マイコさん、こんにちは。
ジャック・ブラック、実は私もあまり得意じゃないです(笑)
でも、この映画だけはなんか許せて仕舞いましたね。確かに彼自身は暑苦しいしくどいんだけど、それ以上に子供達一人一人のキャラクターがとてもよかったのがこの作品の魅力ですよね。
Posted by クマ at 2006年02月27日 10:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7121845

スクール・オブ・ロック
Excerpt: 「スクール・オブ・ロック」★★★(DVD) 2003年アメリ
Weblog: いつか深夜特急に乗って
Tracked: 2005-09-20 21:06

「スクール・オブ・ロック」
Excerpt:  スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション 「スクール・オブ・ロック」 ★★★ THE SCHOOL OF ROCK (2003年アメリカ) 監督:リチャード・リン..
Weblog: NUMB
Tracked: 2005-09-22 09:01

スクール・オブ・ロック
Excerpt: なんかこのパッケージのこわいおっさんが好きになれなくて、見るのを躊躇してたが、友人が面白いとおすすめだったので、思い切ってDVDを借りてきた。 意外と面白かった。 ロックは全然詳しくないけ..
Weblog: グレート・タカの徒然なるままに…
Tracked: 2006-02-28 12:29

スクール・オブ・ロック
Excerpt: 久々お気に入り。 The School of Rock(2003/米) そもそも、ロックの定義って何でしょうね?私はロック好きだけど、ピンとこないんだよね。歴史があるのは分かるんだけどさ?..
Weblog: knockin' on heaven's door
Tracked: 2006-05-24 01:13

スクール・オブ・ロック
Excerpt: スクール・オブ・ロック THE SCHOOL OF ROCK 監督 リヤード・リンクレイター 出演 ジャック・ブラック ジョーン・キューザック アメリカ 2003
Weblog: Blossom Blog
Tracked: 2006-08-23 15:09

スクール・オブ・ロック(2003 アメリカ)
Excerpt: 元気の出る映画、青春って、ロックって、こういうものなんだ!と再認識させてくれる映画だった。見て損はない。主演のジャック・ブラックとはいったい何者なのか。彼は、俳優業のかたわら、94年には俳優カイル・ガ..
Weblog: 映画と海外ドラマとひとりごと
Tracked: 2006-10-09 04:27

「スクール・オブ・ロック」 大きな声で気持ちをシャウト!シャウト!シャウト!
Excerpt: 「ナチョ・リブレ」の記事をエントリーしたときに「スクール・オブ・ロック」を未見だ
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2007-01-08 21:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。