2005/09/23

邦画にしては珍しい ベッタベタな超B級作品 『いかレスラー』

本日の映画:いかレスラー 
超日本プロレスIMGP王者の座についた田口浩二の前に突然現れた“いかレスラー”。“いかレスラー”はいとも簡単に田口を倒し、その日からメディアは俄然“いかレスラー”に注目し始める。やがて田口VSいかレスラーのリターンマッチが組まれるが、完全に自信を失っていた田口は謎の男・千山の力を借り、“たこレスラー”へと姿を変え、リングへと望むが…。監督は河崎実。出演は西村修、AKIRA、石田香奈ほか。

んもー、どうにでもしちゃってください(笑)。邦画にしては珍しいんじゃないかな?こんだけベタな作品っていうのも。“いかレスラー”が登場しちゃう冒頭からすでにもう何でもアリって雰囲気なわけですが、その後“たこレスラー”に“しゃこボクサー”って、あーもうっっ!しかも周囲になじんでる様子がたまらない。思わず『“いか”だよ、“いか”!!だれか突っ込めよっ!』って画面に突っ込んじゃいましたよ(笑)。

この作品、イギリスのコメディ映画『えびボクサー』からヒントを得た河崎実が製作したスポーツコメディ作品。えび→いかの安直な発想はいかがなものかと思いますが、残念ながらアイディアの元になっている『えびボクサー』が未見のため、どこがどのように影響を受けているのかは今のところ不明。ベタな演出と限りなく棒読みにちかいセリフ、役者達の学芸会レベルの演技は、「コレ、絶対狙ってる!」としか思えないですね。そういう意味ではシベ“超シリーズ”に通じるものを感じたりもしますが。逆に素でコレを作ってたとしたら、そちらのほうが驚異的です(笑)。

みどころは、精巧に作られた“いかレスラー”を始めとする3体のきぐるみ。なかでもいかはその目といい、眉間のしわといい立ち姿といい、男の哀愁を感じます(ほめすぎ?)。始めはなんだコレ?って感じだったんですが、徐々に愛着が湧いてくるからアラ不思議。きっとあなたも見終わるころには可愛く見えてくると思いますよ。100分間耐えられればの話ですが(笑)。

*****作品データ*****
いかレスラー(2004年/日本)
監督:河崎実
監修:実相寺昭雄
出演:西村修、AKIRA、石田香奈、ルー大柴、きくち英一
公式サイト:http://www.phantom-film.com/library/site/ika/index.html
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 16:16 | Comment(2) | TrackBack(1) | ★☆☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
TB&コメントどうもです☆
私も『えびボクサー』は観たことないんです。
でも観てみようかなぁ。

私もこの映画、1回でいいかな。2回目はないかも(笑)
Posted by ピンカエル at 2005年10月27日 22:06
ピンカエルさん こんにちは。
『えびボクサー』どうなんでしょうね。とても気になります。でもこの作品同様、1度っきりで満腹になりそうな予感がします。
もしご覧になったらぜひレビューしてくださいね♪
Posted by クマ at 2005年10月28日 13:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7228748

いかレスラー
Excerpt: かつて無敵を誇った超日本プロレスのレスラー・貫一は病のため引退し、姿を消したが、修行の末「いかレスラー」となってリングに復帰。宿敵「たこレスラー」、そして謎の「しゃこボクサー」も出現し、プロレスを..
Weblog: Bon voyage!
Tracked: 2005-09-30 00:40