2005/10/03

50歳を越えているとは思えないゾ!ジャッキー! 『80デイズ』

本日の映画:80デイズ 
19世紀イギリス、発明家のフォッグは王立科学アカデミー会長の座を賭けて現会長ケルヴィン卿と「80日で世界を一周できる」か賭けを行う。フォッグはすぐさま新しく使用人として雇ったパスパルトゥーと共に世界一周の旅に出かけるが、行く手で待ち構えていたのは初めて目にする様々な異国文化だけではなく、ケルヴィン卿の執拗な妨害工作だった。彼らは無事に世界一周できるのか?監督はフランク・コラチ、主演はジャッキー・チェン、スティーヴ・クーガン、セシル・ドゥ・フランスほか。

1956年に発表されたJ・ヴェルヌの冒険小説を元に作られたアドベンチャー作品『80日間世界一周』のリメイク作品です。ジャッキー・チェンの主演作品を観るのはかなり久しぶりだったのですが、まだまだその鍛え上げられた体はご健在のご様子。この作品でも飛んだり跳ねたりと目まぐるしく動き回っておられます。50歳を越えてるとは思えないキレの良さには脱帽いたしました。

実は私、ジャッキー・チェン映画はあまり得意ではないのですが(というより香港アクションが苦手と言ったほうが正しいかも)、意外にもこの作品は結構楽しめました。この何でもあり!な感覚、キライじゃないです。シュワちゃん出演のエピソードとか村でのエピソードとかラストの展開とかとか、結構ベッタベタな展開ではあるんですがテンポが良いせいかそれほどクドくは感じませんでしたね。

もう一つこの作品で面白かったのが画面転換の際のCGの使い方。ビューンって飛んでいく感じの映像がとてもかわいいです。タージマハールとかヒマラヤ山脈とか超かわいい!凝ってるねぇって思います。そうそう、凝ってるといえばこの作品のセットもかなり凝ってますよね。見るからにお金かかってるなーとか思いません?

最後にジャッキー扮するパスパルトゥーを執拗に追いかけるファン将軍役にカレン・モクが出ていたのが個人的にはツボだった。メイクのせいかもしれませんが、あの妖怪っぽい雰囲気がとんでもなくマッチしてて笑ってしまいましたよ。『クローサー』ではアジアの美女3人が競演なんていうキャッチがあったけど、この役のはまり具合からするに美女と言うよりは個性派ってな感じですよね。そのほかにも意外な方が出演されてたりしますので公式サイトもチェックしてみてくださいませ。
*****作品データ*****
80デイズ
AROUND THE WORLD IN 80 DAYS(2004年/アメリカ)
監督:フランク・コラチ
原作:ジュール・ヴェルヌ
出演:ジャッキー・チェン、スティーヴ・クーガン、セシル・ドゥ・フランス、ジム・ブロードベント、ユエン・ブレムナー
公式サイト:http://www.herald.co.jp/official/around_the_world/index.shtml
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL