2005/10/14

若手スターが大集結 青春群像劇の代表作 『セント・エルモス・ファイアー』

本日の映画:セント・エルモス・ファイアー 
大学卒業後社会人となった7人が友人の事故を機に再会したことから再び交流が始まるが、その付き合いは学生の時のようには行かず、それぞれ苦悩しながらも次第にそれぞれ別の道を進み始める。皆それぞれに悩みや不満を持ち人生の目的や方向性を失った若者たちが苦悩しながらも自分の進むべき道を模索する様子を描いた青春群像劇。監督は『フォーン・ブース』や『ヴェロニカ・ゲリン』のジョエル・シューマカー。主演はエミリオ・エステヴェス、ロブ・ロウ、アリー・シーディ、デミ・ムーア、アンドリュー・マッカーシーなど豪華キャスティング。

80年代を代表する青春群像劇ということで鑑賞してみましたが、なんもかんとも青臭い作品でした。青春と名のつくもの特有のあのもやもやーっとした感じはとてもうまく出せているとは思いますが、年代がチョットずれている私としては残念ながら『リアリティ・バイツ』の時ほど共感は出来ませんでしたね。きっと同世代の方にしてみれば、音楽やファッションなどとても懐かしく感じる部分があるのだろうと思います。

ところでこの作品、公開当時とても話題になりその後様々な作品に影響を与えたそうです。ちなみに92年に放送されていた、鈴木保奈美が主演した『愛という名のもとに』というTVドラマはこの作品をもとに作られたそうです。こちらの作品はリアルタイムで観ていましたが、いわれてみればキャスティングやストーリーなど似ている部分が沢山あってなるほど納得です。

みどころはと言うと、やはり80年代特有のファッションに身を包んだ若かりし日の有名俳優さんたちの姿。中でも注目は、やっぱりデミ・ムーア。いまでこそサイボーグなんていわれているデミ・ムーアも初々しい姿で登場しています。バブリーば髪型とベタなお化粧が印象的。このころはまだぽっちゃりしていてかわいいですね。そうそう、デミー・ムーアといえば先日兼ねてから噂のあったアシュトン・カッチャーととうとうご結婚されたそうで。デミ42歳アシュトン27歳ってことでその差なんと15歳!3度目の正直となることを祈っております(笑)。
*****作品データ*****
セント・エルモス・ファイアー
ST. ELMO"S FIRE(1985年/アメリカ)
監督:ジョエル・シューマカー
出演:エミリオ・エステヴェス、ロブ・ロウ、アリー・シーディ、デミ・ムーア、アンドリュー・マッカーシー、ジャド・ネルソン、メア・ウィニンガム、マーティン・バルサム、ジョン・カトラー
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 13:30 | Comment(5) | TrackBack(2) | ★☆☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
こんにちは。

TB&コメントありがとうございました。

私も、同じく『リアリティ・バイツ』派です。

そして、人造人間デミも、このころは非常にかわいかったですね。
歳の差カップル、スーザン・サランドン&ティム・ロビンス夫妻のように、上手くいって欲しいですね。
Posted by toe at 2005年10月16日 00:53
コメントありがとうございました。この作品のDVDを先日買ったのですが、本編の他に予告、映画監督の制作秘話に主題歌、ジョン・パーのプロモーションビデオと盛りだくさんの内容でした。
Posted by 編集人 at 2005年10月17日 09:19
>toeさん
toeさんも『リアリティ〜』派でしたか。あの世代独特の空虚感が上手く描かれていてなかなか良い作品ですよね。
青春群像劇っていうくらいなので年代が違ったりするとなかなか共感しづらい部分がありますよね。今回は初々しいデミの姿がみれたので良しとします。

>編集人さん
DVD、なかなか豪華な内容ですね!
個人的には監督の制作秘話とプロモーションビデオ、ちょっと気になります。
ストーリー的にはイマイチのめり込めなかったのですが、懐かしい曲がいっぱいあったので音楽のほうは結構楽しめましたね。
Posted by クマ at 2005年10月17日 11:24
こんにちは。
ハッ!と気づいたのですがブログリストに加えて頂いていたようでありがとうございます。私の方でも加えさせて頂きました。

と、同時に2つほどTBさせて頂きました(笑)この作品、青春映画の金字塔なんていわれてますが、現代に観るにはちと厳しかったですね。只、その後のこの手のストーリーのベースとなるキャラ設定なんかはなるほどなぁ、と感心してしまいました。

>「リアリティ・バイツ」のほうが良い
同感です(笑)そちらの記事にもTBさせていただきました。

今後とも宜しくお願いします〜。
Posted by baoh at 2006年05月08日 23:55
baohさん、こんにちは。
キャラ設定なんかは確かに良くできてるんですが、なんせ昔の映画なんでどうにも感情移入がしにくいですよね。
「リアリティ・バイツ」のほうが世代的には違和感なく鑑賞できましたが、きっといつの日かこの作品のように一昔前の作品、なんていわれてしまうのかもしれませんね。

ブログリスト、追加ありがとうございます♪
今後ともよろしくお願いします!
Posted by クマ at 2006年05月09日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8125048

セント・エルモス・ファイアー
Excerpt: つい最近、デミ・ムーアが15歳(!!)年下のアシュトン・カッチャーと予定通り結婚した。 アシュトンかわいいだろうなぁ??(* ̄▽ ̄*) なんと、結婚式には前夫のブルース・ウィルスも出席したというんだか..
Weblog: toe@cinematiclife
Tracked: 2005-10-16 00:48

セント・エルモス・ファイアー
Excerpt: 「セント・エルモス・ファイアー」を観た。 嵐の中、船乗りたちが道しるべとしたマストに灯る放電現象(=セント・エルモス・ファイアー)をタイトルに掲げ、友人の事故をきっかけ??
Weblog: 雑記のーと Ver.2
Tracked: 2006-05-08 23:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。