2005/10/18

前作を凌ぐバカさ加減 『リーサル・ウェポン4』

本日の映画:リーサル・ウェポン4 
お決まりのド派手な逮捕劇で多大な損失をこうむったロス市警はリッグス刑事とマータフ刑事を共に昇進させ、外回りから内勤へと異動させることにより、これ以上の損失拡大を阻止しようとたくらむ。しかし当の二人は大喜び。そんなある日腐れ縁のレオと共にヨットで釣りに出かけたところ偶然密航船を発見した二人は格闘の末船の拿捕に成功するが…。監督はリチャード・ドナー。出演はメル・ギブソン、ダニー・グローヴァー、ジョー・ペシ、レネ・ルッソほか。

昨日に引き続きリーサル・ウェポンシリーズの4作目を鑑賞。リッグス&マータフのコンビに加え前作から登場したローナ、そしてレオも健在です。さらに今回はマータフの娘の恋人役にクリス・ロック、そして敵役としてあのジェット・リーが登場と豪華キャスティング。ストーリー的にもローナとクリス・ロック演じるバターズと付き合っているマータフの娘リアンが共に妊娠中(しかしマータフは娘の妊娠はおろか二人が付き合っていることさえ知らない)だったり、急に羽振りのよくなったマータフには横領疑惑がかかっていたりとかなりハチャメチャな状態です。

みどころはやっぱりド派手なアクションシーン。冒頭のタンクローリーの爆発炎上から始まり、海上や中華街での銃撃戦、マータフ家の炎上などなど盛りだくさんです。中でも一番のみどころはリッグスとジェット・リー演じるクーとの肉弾戦。作品中盤にも一度登場いたしますが、やはりラストシーンが見応えアリですよね。お決まりの脱臼シーン、今回もあります(笑)。

それにしてもジェット・リーのアクションは凄いですね。そこら辺のアクションスターとはキレが違いますよ。ビタイチ表情変えずに演じるところがクールで素晴らしい。ジャッキー・チェン作品はあまり得意ではないので好んで観ることはしないのですが、彼が出ている作品はわりと観ているような気がします。ついでにいわせて貰うと、彼はこの作品のように悪人キャラの方が似合うと思います。あくまで個人的な好みではありますが。
*****作品データ*****
リーサル・ウェポン4
LETHAL WEAPON 4(1998年/アメリカ)
監督:リチャード・ドナー
出演:メル・ギブソン、ダニー・グローヴァー、ジョー・ペシ、レネ・ルッソ、クリス・ロック、ジェット・リー
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 15:35 | Comment(2) | TrackBack(1) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
TBありがとうございます&いつもお世話になります。

>お決まりの脱臼シーン

読みながら、つい「そうそう!」と相づち打ってしまいました。
他にも、ホモ疑惑をかけられたバターズとロッカールームで鉢合わせした、着替え中のマータフの表情が忘れられません(笑)

また遊びに来ますね。
Posted by しー at 2005年10月20日 11:17
しーさん、こんにちは!
ホモ疑惑、ありましたよね〜。一人あたふたするマータフ、かなり面白かったです!

TBの件では大変失礼いたしました。これからもよろしくお願いいたします♪
Posted by クマ at 2005年10月21日 16:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


リーサル・ウェポン4
Excerpt: リーサル・ウェポン4 特別版監督:リチャード・ドナー出演:メル・ギブソン , ダニー・グローバー , ジョー・ペシ , レネ・ルッソ&nbs..
Weblog: しーの映画たわごと
Tracked: 2005-10-20 11:11