2005/10/19

一つを除けば完璧なのに… 『2046』

本日の映画:2046 
1967年、シンガポールを後に一人香港に戻り、夜ごと喧騒の中女たち一夜限りの関係を重ねていたチャウ。ある夜、偶然出会った旧友とホテルの一室で一夜を過ごしたことがきっかけとなり、そのホテルに長期滞在することになる。生活費を稼ぐため新聞記者から物書きへと転向した彼は、そこで出会ったオーナーの娘ジンウェンと日本人との悲恋の物語からインスピレーションを受け『2046』と題したSF小説を書き始める。監督・製作・脚本はウォン・カーウァイ。出演はトニー・レオン、フェイ・ウォン、チャン・ツィイーほかアジアを代表する大物俳優達という超豪華キャスティング。

花様年華』の続編的作品として作られた一作。『花様年華』に流れていたあの寂しげで哀しげな雰囲気はそのままに、よりに退廃的にそして自虐的になったチャウと彼の人生を通り過ぎていった華やかな女性達との物語が静かに描かれています。ストーリーには艶かしさ、そして映像にはSFっぽさが追加され、古いようでいて新しい、そんな不思議な作品に仕上がっておりました。ウォン・カーウァイ監督独特の美しい色彩とゆったりと流れる時間がとても印象的です。

主演のトニー・レオンをはじめ、チャン・ツィイー、コン・リー、カリーナ・ラウ、マギー・チャンら出演する全ての俳優から枯れた大人の色香を感じる作品でした。ただ一人を除いては。それは木村拓哉。彼はフェイ・ウォンの日本人の恋人役と小説『2046』の主人公の二役をこなしているのですが、その青臭い演技は観ていてかなり違和感を感じます。私の中でアイドルとしてカテゴライズされているあのフェイ・ウォンでさえ作品の雰囲気に溶け込むよう上手く演じていたし、その絶望的な心情が滲み出たような表情にはとても驚かされたのですが、それ以上に彼の演技は衝撃でしたね。調和の取れたこの作品の中で唯一不協和音を響かせる存在といっても過言ではないです。冒頭に流れる列車内でリンゴをほおばる彼お得意のあの演技、あぁもう!あまり書くと彼のファンに恨まれそうなのでこの辺で止めときますがホントにもう…!って感じですね(ファンのみなさんにはホントに申し訳ない)。

さて、肝心のストーリーはというと、前作同様『かなわぬ愛』がその最大のテーマとなります。トニー・レオン演じるチャウは過去の痛手からか深い付き合いを強要することもされることも避けつつも、親しくなった女性達に対して持てるもの全てを与え心底優しく接します。女性達はそんな彼を『優しい』と形容するのですが、その優しさゆえに傷つき彼の元を去っていきます。そして彼自身、そんな自分のどうしようもない状態に傷つき頑なになっていきます。いつも誰かが傷ついている、そんなどうしようもなく哀しいストーリー。作品の中に救いは見つけられない(唯一フェイ・ウォンだけは幸せになった)けど、こういった絶望的な雰囲気、キライじゃないです。

ところで、今作と前作の『花様年華』に『欲望の翼』という作品を加えたこの3作品が絶妙に絡み合って一つの作品を形作っているということを聞き、未見の『欲望の翼』に俄然興味が湧いております。今のところ先に述べた理由でこの作品に対する評価は多少下がってしまいましたが『花様年華』が秀逸だっただけに、『欲望の翼』の感想次第ではウォン・カーウァイ作品大人買いをしてしまうかもしれません。でも、とりあえず『花様年華』は買っとくか。
*****作品データ*****
2046(2004年/香港)
監督・製作・脚本:ウォン・カーウァイ
出演:トニー・レオン、木村拓哉、コン・リー、フェイ・ウォン、チャン・ツィイー、カリーナ・ラウ、チャン・チェン、ドン・ジェ、マギー・チャン
公式サイト:http://www.2046.jp/  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 17:16 | Comment(5) | TrackBack(10) | ★★★★★



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
初めまして。TB&コメントどうもありがとうございました!私もTBさせていただきます。『花様年華』は見ていないんです…。この作品の続編のようなものだったんですかぁ。知らなかったです。いつか探して見てみます〜。また見に来ますね。
Posted by kobitopenguin at 2005年10月22日 16:36
はじめましてクマさん。
TB&コメントありがとうございました。
わたくしも「花様年華」が好きで「2046」を観ました。
「欲望の翼」も観ていますが、ストーリーをさっぱりわすれております。
でもなぜか観た後、すごく良かったって思ったことだけは覚えてますよ。
変なコメントでごめんなさい。
Posted by かよちーの at 2005年10月22日 16:57
>kobitopenguinさん
この作品が好みであれば「花様年華」も絶対に気に入って頂けると思いますよ。お薦めです!
ご覧になったらぜひコメントお聞かせください。楽しみにしてます♪

>かよちーのさん
おおお!「欲望の翼」、スゴク気になっているんですよね。カーウァイ作品ってある意味ストーリーよりも感覚的に楽しむっていう部分が大きいところがあると思うので、ストーリーを忘れちゃうってことも意外ではないと思います。
すごく良かったっていうコメントを聞いてさらに興味が湧きました!
Posted by クマ at 2005年10月23日 13:01
TBありがとうございます。ダメダメという評判を聞き過ぎていたせいか思っていたよりは良かったですよw。編集し直して増やしたというキムタクシーンがどの辺なのかわかりませんが、ごたごたあったせいでちょっと勿体ない仕上がりになってしまったようで気の毒です。
Posted by lin at 2005年10月24日 00:49
lin さん こんにちは。
製作自体も長年頓挫していたりと、なんだかイワクつきの作品ですよね。映像とか音楽とか全体的な雰囲気とか結構好きなのに、キムタクがどうもそのー…なんですよねぇ。
しかもキムタクシーン増やしたんですか…。あんなにダメダメなのに。
Posted by クマ at 2005年10月24日 15:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8342852

映画『2046』
Excerpt: 舞台は1960年代の香港、記者のチャウ(トニー・レオン)が、シンガポールで出会ったスー・リーチェン(コン・リー)への愛しい想いを綴る。 理由も分からず別れていった彼女への想いを引きず..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2005-10-20 13:11

『2046』
Excerpt:  木村拓哉はビジュアルとして非常に良い、カッコ良い。雑誌なんかでは特に映える。でも喋ったり演技したり、コントらしきものをやられるとがっくりきます。30%以上の視聴率を毎回叩きだすキムタク主演の連ドラな..
Weblog: サミームービーストック
Tracked: 2005-10-21 00:53

2046
Excerpt: 2046 2004年 香港 監督・脚本 ウォン・カーウァイ 美術・編集 ウィリアム・チョン 撮影 クリストファー・ドイル 出演 トニー・レオン/木村拓哉/コン・リー/ フェイ・ウォン/チャン・ツィ..
Weblog: 映画メモbox
Tracked: 2005-10-21 01:48

2046
Excerpt: 「2046」★★★★(盛岡フォーラム) 2004年香港 監督
Weblog: いつか深夜特急に乗って
Tracked: 2005-10-22 10:40

2046
Excerpt: 失われた愛を求めて。 評価:♡♡ 2004年11月17日鑑賞(名古屋・TOHOシネマズにて)。チャン・ツィイーと木村拓哉を見たくて。 内容:新聞記者で作家のチャウ(トニー・..
Weblog: ミケの映画生活
Tracked: 2005-10-22 16:30

2046
Excerpt: 2046 ウォン・カーウァイの作品は大好きである。 特に花様年華が...。その続編ということで見てみました。 愛を探す男(ヒゲのOLみたいな書き方だな〜)が書く想像の世界と現実っぽくない..
Weblog: cino
Tracked: 2005-10-22 16:43

DVD「2046」
Excerpt: ウォン・カーワァイ監督作品に木村拓哉が出演し、カンヌ国際映画祭コンペティション部門にも出品され話題になったこの作品。同年のカンヌ国際映画祭で柳楽優弥クンが男優賞を取得してからは話題がそっちに取られてし..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2005-10-23 07:03

「2046」
Excerpt: 2046 「2
Weblog: NUMB
Tracked: 2005-10-24 00:44

2046
Excerpt: 20462046 2005年 香港 前半は面白かった。後半のアンドロイドとかの話はダルかった。順序が逆転してたら最後まで観なかったかも。 酷評されてるけど、この映画の不幸はアー
Weblog: cinema note+
Tracked: 2006-02-24 00:33

「2046」〜数字の魔力
Excerpt: 2004年香港監督/ウォン・カーウァイ出演/トニー・レオン 木村拓哉 コン・リー チャン・ツィイー   フェイ・ウォン カリーナ・ラウ マギー・チャン    チャン・チェン ドン・ジェ1967年の香港..
Weblog: お茶の間オレンジシート
Tracked: 2006-04-16 14:23