2005/10/22

なんていうか…これはネタですか? 『誰にでも秘密がある』

本日の映画:誰にでも秘密がある 
ジャズシンガーのミヨンは数々の男性と付き合っては別れるということを繰り返していたが、ある日店にやってきた好青年スヒョンに一目ぼれし、猛アタックの末めでたく交際がスタートする。結婚を意識した彼女はスヒョンを自分の家族に紹介するが、そのことがきっかけで彼女の姉ジニョン、そしてソニョンも彼の魅力の虜となってしまう。監督はチャン・ヒョンス。出演はイ・ビョンホン、チェ・ジウほか。

まず第一にポスターや公式サイトから受ける洗練されたイメージと本編のイメージがあまりにも違いすぎますよ!公開当時から各メディアでさんざんもち上げられていた記憶があったのでどんだけすごい作品かと期待して鑑賞に望んだのですが、正直期待はずれでした。残念ですがやっぱり韓国映画とはそりが合わないみたいです。この作品のオリジナルである『アバウト・アダム アダムにも秘密がある』も一緒に鑑賞しただけに、そのあざとさや下品さが気になって仕方がなかったですね。

みどころはオリジナル作品同様、三人の姉妹がイ・ビョンホン演じるスヒョンに次々と魅了されていくところ、と言いたいところなのですが、オリジナル作品でのスヒョン役のキャラクターと比べかなりあざとくしたたかな感じがして正直笑えませんでした。なんか作品全体がすごく下品で湿っぽい感じがするのは私だけ?

ただし、スヒョンが初めてミヨン家に訪れたとき、手に魚の干物(?)みたいなのを持って現れたイ・ビョンホンの姿には思わず爆笑してしまいました。なんで魚?!しかも何匹も!…とまあ、こんな風にその国独特の文化みたいな部分がチョコチョコと出てくるので、それを発見して文化の違いを楽しむっていうのもなかなか面白いかもしれません。

ところで、長女のジニョン役のチュ・サンミは上原さくらに劇似だと思うのですが、どうでしょう?
*****作品データ*****
誰にでも秘密がある
EVERYBODY HAS SECRETS(2004年/韓国)
監督:チャン・ヒョンス
出演:イ・ビョンホン、チェ・ジウ、チュ・サンミ、キム・ヒョジン、チョン・ジェヒョン、キム・ヘゴン
公式サイト:http://www.himitsugaaru.com/
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 13:41 | Comment(2) | TrackBack(3) | ★☆☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
昨夜テレビで見たのですが、見終わって怒りすら感じました。
ちょっと見なければよかったかな・・・と。
本当にポスターに私もだまされたクチです。
このポスターはなんだか素敵ですよね。
Posted by ミカ at 2006年07月04日 14:03
ミカさん こんにちは。
そういえば昨日放送してましたね、この作品。
うーん、やっぱりダメでしたか(笑)。
ポスターは良い雰囲気なんですけど、内容が薄いというか下品というか…。
オリジナルの『アバウト・アダム〜』も内容ははっきりいって?な感じですが、主人公の男性が天然系なのでそこで救われてるような気がします。

ちなみにこの作品、ラストあたりに結構過激な描写があったと思うのですが、放送しちゃって大丈夫だったんでしょうか?(放送コードっていうより韓流ファンに対してっていう意味で)。個人的にはちょっと気になりました。
Posted by クマ at 2006年07月04日 17:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8454559

WOWOW「誰にでも秘密がある」
Excerpt: 先日観た「アバウト・アダム アダムにも秘密がある」の韓国リメイク作品。設定も物語の進み方も台詞までもそっくりそのままの作品でした。違うところは、韓国版のほうが大人っぽいというところとラストが違っていま..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2005-10-23 07:02

「誰にでも秘密がある」
Excerpt: アミューズソフトエンタテインメント 誰にでも秘密がある デラックス・バージョン 「誰にでも秘密がある」 WOWOWで視聴した本作品は、韓国公開版ということだが、 日本公開版を知らな..
Weblog: わたしの見た(モノ)
Tracked: 2005-11-26 20:45

誰にでも秘密がある
Excerpt: 誰にでも秘密がある EVERYBODY HAS SECRETS 監督 チャン・ヒョンス 出演 イ・ビョンホン チェ・ジウ 韓国 2004
Weblog: Blossom Blog
Tracked: 2006-07-04 14:11