2005/10/23

狙っている方向はそれほど悪くないと思うよ 『イン・ザ・カット』

本日の映画:イン・ザ・カット 
NYの大学で英語教師として働くフラニー。誰ともうち解けず一人孤独な毎日を送っていた彼女だったが、自宅アパートの敷地内で遺体の一部が発見されたことにより猟奇殺人事件に巻き込まれることとなる。そして事件がきっかけで出会った刑事マロイと次第に深い関係へとのめり込み、心の均衡を失っていく。監督・脚本はジェーン・カンピオン、製作にニコール・キッドマン、ローリー・パーカー。出演はメグ・ライアン、マーク・ラファロほか。

ラブコメの女王メグ・ライアンが文字通り身体をはった演技を見せるということでかなり話題にのぼった作品。制作者にニコール・キッドマンの名前があったのも話題になりました。が、しかし、話題に上った割には公開当時からかなりの勢いで酷評されていて、どこのレビューサイトを見ても好意的なコメントはほんの少し。じゃぁどんだけ酷い作品なのよってことで今回鑑賞してみたのですが、個人的に酷評受けるほど悪い作品には思えませんでしたね。確かに期待を上回るほど素晴らしい作品でも無いことは認めますが。

まず、第一に非常に話題となったメグ・ライアンのベッドシーンですが、いわれているほど過激なわけでもないし内容も至ってノーマル。リアルさを追求したためでしょうか、やや描写が生々しいところはあるものの、それを除けばその辺の作品でもこれくらいのシーンはごろごろしてるんじゃないかって感じです。演じているのがメグ・ライアンだからこそ話題にもなったのかもしれませんが、個人的には中途半端な脱ぎっぷりじゃないところに彼女の根性を感じましたね。

ストーリーの方も、サスペンス的側面から見た場合は非常にお粗末な内容であることには同意するものの、社会的にも認められ常識をわきまえた一人の女性が、一人の男性との出会いでバランスを失い破滅的になっていく様を描いた作品として見ればそれほど悪くはないのではないかと思います。結局のところ多かれ少なかれ女性はみな自分自身が一番で、自分勝手な部分をもっているってとこでしょうか。

映像も艶めかしくて美しいし、所々に挿入されるメグ・ライアン演じるフラニーの目にとまる美しい言葉がまた印象的です。あと、フラニーの妹役として出演しているジェニファー・ジェイソン・リー、久しぶりに見ましたが、メグ・ライアンを凌ぐ壊れっぷりでしたね。『ルームメイト』のときから彼女の壊れキャラにはなにかしら惹かれるものを感じていましたが、やっぱりただ者ではないなと今回改めて感じましたね。同じ脇役で出演していたケビン・ベーコンもなかなかいい味出してましたね。ただし役の意味が全くわかりませんでしたが(笑)。
*****作品データ*****
イン・ザ・カット
IN THE CUT(2003年/アメリカ)
監督・脚本:ジェーン・カンピオン
製作:ニコール・キッドマン、ローリー・パーカー
原作・脚本:スザンナ・ムーア
出演:メグ・ライアン、マーク・ラファロ、ケビン・ベーコン、ジェニファー・ジェイソン・リー
公式サイト:http://www.sonypictures.jp/homevideo/inthecut/index.html
  →この作品をAMAZONで確認


■関連作品(2010.9.9 追記)
・「ピアノ・レッスン
 →同じくジェーン・カンピオン監督作品。カンヌではパルムドールを受賞、アカデミー賞では8部門ノミネートで脚本賞、主演女優賞、助演女優賞の3部門で受賞を果たしたというカンピオン監督の代表作。辺境の地に嫁いできた女性と現地男性の激しくも哀しい愛の物語。
posted by クマ at 23:46 | Comment(2) | TrackBack(5) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
はじめまして、こんにちは。
TBありがとうございました。
この映画は「ああ〜惜しいなぁ〜〜〜〜」と思いながら観ました。
メグはこれに出て評価を下げちゃったように思います。
ケビン・ベーコン・・・・ほんと意味のわからない役どころでしたね(w
TBお返しさせてください。
Posted by una noche at 2005年10月24日 07:17
una noche さん、こんにちは。
ほんと、惜しいなぁって思いますよね、この作品。暗めの雰囲気や絵画のような映像が結構好みだっただけにとても惜しまれてなりません。
カンピオン監督作品って初めてだったのですがuna nocheさんのレビュー読んで興味が湧いてきました。とりあえず『ピアノ・レッスン』あたりから責めてみようと思ってます♪
Posted by クマ at 2005年10月24日 15:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


「イン・ザ・カット IN THE CUT」
Excerpt: 2005年10月9日  ロマンティック・コメディの女王 メグ・ライアンが大胆な演技を披露!!!とセンセーショナルに報じられた作品(だったと思う)  フラニーは大学で文学を教えているお堅い女..
Weblog: AMOR ETERNO
Tracked: 2005-10-24 07:18

イン・ザ・カット
Excerpt: イン・ザ・カット
Weblog: Blossom Blog
Tracked: 2005-10-24 12:11

イン・ザ・カット #460
Excerpt: 2003年 アメリカ 119分 メグライアン映画は「めぐりあえたら」、「ユーガットメール」と見てきたあとでこれを見るとやっぱり衝撃的。暗~い雰囲気で、冒頭からエッチなスラング爆発。オールヌードのベッ..
Weblog: 映画のせかい2
Tracked: 2005-11-02 15:08

「恋人たちの予感」「イン・ザ・カット」
Excerpt: ●恋人たちの予感 ★★★ 【BSフジ】メグ・ライアン、ビリー・クリスタル主演のロマンス・コメディー。メグはこの作品でブレイク。「イン・ザ・カット」でイメチェンを計ったメグにちょっとブルーになった私は..
Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版
Tracked: 2006-09-13 07:53

「イン・ザ・カット」
Excerpt: 密かに「ちょいエロ路線」驀進中のひらりん。 その4作目・・・ってことで、 今回は、あのっメグ・ライアンが大胆にも・・・という「映倫 R-15」作品。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-07-18 23:51