2005/10/27

作品までI.A.G.とはいかなかったようで 『ハッピー・ブロンド』

本日の映画:ハッピー・ブロンド 
なかなか理想の男性にめぐり合えずにいるメグは恋人に振られたことがきっかけで心機一転髪をブロンドへ染めてみた。すると見た目と同時に男運も劇的に変化、次から次へと下心丸出しの男性に言い寄られる始末。その夜出会ったクラブのオーナー、マーティンと意気投合しすぐに友情が芽生える。メグに気のある彼とは違い全く恋愛感情を持っていなかった彼女だったが、学生時代に憧れていたブラッドの出現によって次第に二人の間で気持ちが揺れ始める。監督はアンドリュー・ヴァン・スリー。出演はクリスタ・アレン、メーヴ・クインランほか。

劇場未公開作品です。タイトルにハッピーってついてるだけでかなりアホっぽいムード満点のこの作品。しかも“ブロンド”だし。女性の永遠の憧れといわれるブロンドですが、海外ではブロンド=おバカさんという見方が広く浸透しているご様子。キューティー・ブロンドシリーズなんかはこの偏見を逆手にとって大ヒットしたわけですが、この作品は髪の毛の色を変えたら人生も変わっちゃったっていうお話。正反対の性格を持つ二人の間を揺れ動く主人公の姿を面白おかしく描いたB級ラブコメ作品です。

なんとっても次々に言い寄ってくる男性達のくどき文句が下品で面白い。前にも述べたブロンド=おバカさんという偏見への皮肉も込められているのだとは思うのですが、やっぱり金髪ってもてるんでしょうかねぇ。日本人にはよく判らない感覚です。しかし、髪の毛の色変えただけでモテモテになるなら、それはそれで羨ましいような気もしますが(笑)。

ストーリーはとてもわかり易いラブコメですので特に特筆すべきことはないかな。ただちょっと気になったのがメグに想いを寄せるマーティン、フランク・シナトラを目指しているという設定で作品中も歌を歌う場面が結構出てきます。がしかし、なぜかあまり魅力的に見えないんですよね、残念ながら。選曲が地味なのか、パフォーマンスが古いのか、あのリーゼントがダメなのか。かたやもう一人のブラッドも性格がもの凄く悪っくって、ゲーな感じ。二人の男性がもう少し魅力的だったらもうちょっと面白かったかもしれませんね。

あ、そうそう、そういえば冒頭から出てくるキーワード『I.A.G.』ですが、こちらも期待したほど面白くなくてガッカリでした。中途半端なキーワードなら出さないほうがいいと思いますよ。
*****作品データ*****
ハッピー・ブロンド
TOTALLY BLONDE(2001年/アメリカ)
監督・製作:アンドリュー・ヴァン・スリー
出演:クリスタ・アレン、メーヴ・クインラン、ブロディ・ハツラー
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 15:11 | Comment(2) | TrackBack(1) | ★☆☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
こんにちはー^^ コメントありがとうございました。
ブラッドの『ゲーな感じ』、そうそう!わかります〜。
どうせならイイオトコ2人にモテモテ♪っていうのにすれば良かったのに。
こちらからもTBさせて頂きまーすm(._.)m
Posted by mi at 2005年10月28日 12:19
miさん こんにちは!
『ゲーな感じ』わかっていただけました?あれはあまりにも酷かったですよね〜。
>どうせならイイオトコ2人にモテモテ♪っていうのにすれば良かったのに。
ですよね、ですよね〜。私もそう思います!
Posted by クマ at 2005年10月28日 13:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8653835

ハッピー・ブロンド TOTALLY BLONDE
Excerpt: ハッピー・ブロンド 2001年 アメリカ 監督/アンドリュー・ヴァン・スリー 出演/クリスタ・アレン、マイケル・ブーブレ     メーヴ・クインラン、他 公式サイトはコチラ(※全部英語でした;..
Weblog: そうだ!映画を観よう♪
Tracked: 2005-10-28 12:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。