2005/10/30

チャン・ツィー好きにはたまらない! 『LOVERS』

本日の映画:LOVERS 
9世紀中頃の中国。唐王朝は勢力を拡大しつつある反乱軍“飛刀門”一派を撲滅すべく躍起になっていた。王朝側の捕吏であるリウとジンは飛刀門の頭目の娘とおぼしき盲目の踊り子シャオメイを捕獲したが、肝心な情報は何一つ聞きだせずにいた。そこでリウはジンにシャオメイの脱獄を手助けさせ、スパイとして飛刀門のアジトへ案内させるよう仕向ける。監督はチャン・イーモウ。出演は金城武、チャン・ツィイー、アンディ・ラウ。

アジアの3大スターが織り成すラブ・アクション大作というふれこみで一躍話題となった作品。主演の金城武、アンディ・ラウも大変結構なのですが、やはりこの作品はなんといってもチャン・ツィイーです。中でも冒頭の遊郭での長い袖を自在に操り鼓を打ちながら優雅に舞うシーンはため息モノ。あのアップになったときの陶磁器のような肌、あの質感はアジア人ならでは!ですよね。

舞台は唐の時代の中国、対立する王朝側と反乱軍“飛刀門”との戦いの中出会った男女が恋に落ちてしまうというストーリー。見終わってみると物語的には目新しさもひねりも全くないのですが、中途半端な小手先の騙し合いみたいな部分がたくさんあって、正直鬱陶しかったです。この作品自体にはそれほど“驚き”という要素を期待していなかったので、そういったシーンが出てくるたび「またなの?」といった感じで正直ゲンナリしてしまいましたね。個人的にはこの辺のエピソードを少しコンパクトにまとめて全体の時間を短めにしたらもっと楽しめたように感じます。

反対にとても楽しめたのは映像のすばらしさ。特に印象に残っているのは遊郭のシーンと竹林のシーン。遊郭のシーンは建物、小道具、衣装すべてが鮮やかでそれだけでも十分素晴らしいのですが、その中で優雅に踊るチャン・ツィイーがまた美しいです。そしてそれとは逆に、画面全体が清々しいグリーンで統一された竹林シーンもまたとても美しく印象的。大スクリーンで観たらもっと迫力あるだろうなって思いました。

ところで、劇中囚人を縛るシーンが出てくるのですが、その縛り方があまりにもぐるぐる巻きにで個人的にかなりうけてしまったのですが、あちらではあんな縛り方が一般的なのでしょうか。とても几帳面に縛ってあったので、もしやこれも監督ならではの映像美へのこだわり?とか勘ぐってしまいました。これからご覧になる方はぜひ確認してみてください。
*****作品データ*****
LOVERS
十面埋伏/HOUSE OF FLYING DAGGERS(2004年/中国)
監督:チャン・イーモウ
出演:金城武、チャン・ツィイー、アンディ・ラウ
  →この作品をAMAZONで確認


初々しいチャン・ツィイーの三つ編み姿満載の『初恋のきた道』や艶かしくも華麗なチャイナ姿万歳の『2046』もあわせてどうぞ!

posted by クマ at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(2) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


『LOVERS』を観ました!プレミアムDVDです。
Excerpt: ▲ ▲製作国 中国▲ ▲公開情報 ワーナー▲ ▲初公開年月 2004/08/28▲ ▲監督:チャン・イーモウ▲ ▲出演:金城武、チャン・ツィイー▲ ▲アンディ・ラウ、ソン・タンタン▲ ..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2005-11-02 14:18

LOVERS
Excerpt: 「LOVERS」★★★ 2004年中国 監督:チャン・イーモ
Weblog: いつか深夜特急に乗って
Tracked: 2005-11-06 22:03