2005/11/09

酒井若菜のぶっ飛びっぷりが素晴らしい! 『恋の門』

恋の門』 ★★★★☆

恋の門(2004年/日本)
監督:松尾スズキ
原作:羽生生純
出演:松田龍平、酒井若菜、松尾スズキ、忌野清志郎、小島聖
公式サイト:http://koinomon.com/



自分を漫画芸術家と称し頑なに石で漫画を描き続ける蒼木門は、ある日偶然バイト先で出会ったコスプレオタクのOL恋乃の家に酔った勢いで一泊してしまう。下心のある門は恋乃の願いを断ることも出来ず、無理やり恋乃が憧れるアニメキャラクターのコスプレ姿をさせられたり、コミケと称するイベントに連れて行かれたりと振り回されることに。そんな門にいつしか恋乃も気持ちが傾いていくが…。監督は松尾スズキ、出演は松田龍平、酒井若菜ほか。

冴えない自称芸術家とコスプレオタクOLの一風変わった恋愛劇。限りなくB級っぽい雰囲気を漂わせつつも、テーマは意外に純粋。主演の松田龍平、酒井若菜のぶっ飛んだ演技はかなり見応えアリだし、大竹しのぶや田辺誠一、市川染五郎など大御所から忌野清志郎や片桐はいり、大竹まことなどなどなんでもアリな豪華キャスティングもみどころの一つ。最初から最後まで息つく暇さえないほどみどころ満載の超ハイテンションムービーです。観終わった後は凄く爽快感を味わえる作品ですね。

ストーリーもキャラクタ設定も全てがヘンテコでかなり面白いのですが、その中でも特に面白いと思ったのが彼らから発せられる不思議な言い回しの数々。酒井若菜演じる恋乃の喜怒哀楽の激しいく演技がかったセリフもそうだし、イベントで恋乃に悪態をつく女性や小島聖演じる決理(メジナも)のあのしゃべり方。なんですか?なんなんですか?んもー、面白すぎますよッ!残念ながら私にはコスプレ好きの友人はおろかアニメ好きの友人もいないのでリアリティについてはよく判りませんが、もしホントにこんなしゃべり方してるんだとしたらぜひ一度お話してみたいって思いますね。友達になれるかどうかはかなり疑問ですが(笑)。

あと音楽もすごく良かった!ドラマ『電車男』がきっかけでサンボマスターを知った私ですが、この作品での彼らの日本語ロックもかなりイカシテますよ!劇中挿入される忌野清志郎の歌も入ってるし、サウンド・トラックもチェックしなくっちゃ!

ちなみに公式サイトもいい感じでぶっ飛んでますんで、レビュー読んで興味もたれた方はモチロン、それ以外の方も一度チェックしてみてくださいませ。このハチャメチャッぷりは癖になりますよ〜。

◆松尾スズキ監督の他作品の感想はこちらから
 『クワイエットルームにようこそ』 ★★☆☆☆

ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(3) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9138960

恋の門
Excerpt: 『恋の門』 あらすじ 『石でマンガを描く自称 “漫画芸術家” の門はバイト先のOL・恋乃と一夜を過ごすことに。だが、翌朝目覚めると、ヘンな格好をさせられていた。恋乃は同人誌漫画家で..
Weblog: 39☆SMASH
Tracked: 2005-11-09 23:15

『恋の門』
Excerpt:  松尾スズキ監督の2004年映画。  凄く独特の世界だったと思います。所謂オタクと言う人種と自称芸術家と言う人たちの漫画という共通のフィルターを通した世界です。それだけに留まらず、麻薬中毒者のよ..
Weblog: サミームービーストック
Tracked: 2005-11-10 19:58

恋の門
Excerpt: BGM:「Harder, Better, Faster, Stronger」(Daft Punk) マジで大爆笑な映画でした。 松田龍平がこんなすっとこどっこいな役をするなんて 意外性爆発。..
Weblog: 元へなちょこプログラマの日記
Tracked: 2005-12-22 05:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。