2008/06/02

『すべてはその朝始まった』

すべてはその朝始まった』 ★★★☆☆

ふとしたきっかけで犯罪に巻き込まれてしまう恐怖ってのは万国共通。もがけばもがくほどドツボに嵌まっていくわけだけど、そのドツボが実は…っていうのがこの作品の最大の見所かと。カラクリはまぁ良しとして、「なんだかなぁ」なのはあのラストのオチ。ドンパチやってハッピーエンドでも良かったんじゃないかと個人的には思うのだけどどうもそれでは納得いかなかったらしい。とりあえず男性諸君、上手い話には気をつけろってことです。



ストーリーより見ごたえあったのがヴァンサン・カッセルの鬼畜っぷり。「ドーベルマン」も良かったけど悪のレベルでいったらこちらが勝ち。思わず「うぇー」って嫌悪感抱かずにはいられない。映画だから絶賛するけど、実際にはこの手の人間とは死んでも係わり合いになりたくないですな。あと珍しいキャラを演じてるジェニファー・アニストン、脱レイチェルって感じで割合良かった。こういうシリアスな演技もできるんだなぁ、と感心してしまった。

*****作品データ*****
すべてはその朝始まった - DERAILED
(2005年/アメリカ)
監督: ミカエル・ハフストローム
出演: クライヴ・オーウェン ジェニファー・アニストン ヴァンサン・カッセル
公式サイト:http://www.movies.co.jp/subeteha/
  →この作品をAMAZONで確認

posted by クマ at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/99017071